〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

イエスの聖テレサ 霊的な人々の母

聖テレサを知るための『入門書』。
型番 978-4-8056-0473-1
販売価格 1,210円(税込)
購入数


  • トマス・アルバレス 著 /松田浩一 訳

  • 188ページ /B6判 並製(ソフトカバー)

  • サンパウロ 発行

  • ISBN978-4-8056-0473-1 /Cコード:C0016


聖テレサを知るための『入門書』。

本書は、世界的な聖テレサの研究家である著者が描いた
聖テレサの生涯、人となり、著作や思想を
年代順に様々な角度から、きわめて総合的に
そして興味深く語っている。

祈りを通して、神と出会い、
本当の自己を知るに至った聖テレサの生涯は、
多くの人に各自の心の内奥の真の「自己認識」へと至るための
ヒントを与えてくれる
聖テレサを知るための、またとない好著である。

初版発行:2010年4月2日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


すすめの言葉

第一章 テレサ・デ・アウマダの誕生
 1 テレサの少女時代のセペタとアウマダの家庭
 2 十六世紀の大家族の中の娘
 3 ユダヤ人のキリスト教改宗者の娘―ある社会的差別の前にして

第二章 女性として成長するテレサ
 1 「愛された娘として」
 2 文化の糧
 3 生命への歩み―修道女になる決心

第三章 霊魂の城への道
 1 二重の危機から―身体的虚脱と精神的挫折
 2 決定的歩み―回心
 3 神秘的な体験―救いの物語

第四章 「主よ、あなたは何をお望みですか?」―創立者としてのテレサ
 1 貧しい一軒家と生活の新しいスタイル
 2 さすらいの人であり、創立者としてのテレサ
 3 指導者としての女性

第五章 作家としての女性
 1 初めのころの著作
 2 自叙伝の作成
 3 ある旅人の本
 4 教育者―祈りの道を教えるための一冊の本
 5 『霊魂の城』―霊性神学の総括
 6 テレサ、手紙と詩を書く

第六章 アルバ・デ・トルメスでの死去

第七章 一五八二―一九八四年の道のり
 1 テレサの本の道のり
 2 教会博士―母であり教師
 3 芸術と大衆魂を通じて見られる彼女のイメージ
 4 テレジアニズムとは?

 訳者あとがき
 参考文献一覧


訳者紹介


松田浩一(まつだ ひろかず)
男子跣足カルメル修道会司祭

カレンダー

2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2022年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top