〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

平和をつなぐ 私、そして私たちの選び

普遍的な価値である人間の尊厳や互いを大切にし合う関係の実現という視点から現代社会を見つめ、平和の実現のために今、私たち一人ひとりが何をすべきなのかを説く。
型番 978-4-88626-583-8
販売価格 605円(税込)
購入数


  • 松浦悟郎

  • 109ページ /A5判 並製(ソフトカバー)

  • ドン・ボスコ社 発行

  • ISBN978-4-88626-583-8 /Cコード:C0016


宗教者という立場から平和を訴え続けてきた松浦悟郎司教が、
普遍的な価値である人間の尊厳や
互いを大切にし合う関係の実現という視点から現代社会を見つめ、
平和の実現のために今、私たち一人ひとりが何をすべきなのかを説く。

初版発行:2015年4月5日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに7〜10日間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


はじめに

1 “ぼんやり”で導かれる日本
2 集団的自衛権行使がもたらすもの
3 集団的自衛権と結びついていく法
4 「国を守る」ということ
5 戦争は、非人間化への歩み
6 非暴力、非軍事でつくる平和
7 平和に取り組む国際社会の中で
8 日本国憲法を平和の礎に

おわりに
私の伝えてきたこと



著者紹介


松浦悟郎(まつうら ごろう)
1952年、愛知県名古屋市生まれ。
1981年、上智大学神学部卒業、カトリック司祭叙階。
1999年4月、大阪教区補佐司教に任命、同年7月、司教叙階。
2015年3月、名古屋教区司教に任命。
「日本カトリック難民移住移動者委員会」委員長、
「子どもと女性の人権擁護デスク」担当、「ピース9 の会」、
「宗教者9 条の和」、「9条の会・大阪」の呼びかけ人等を務める。

カレンダー

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top