会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

どう、生きたらよいのか〜人・家族・社会のありようを考える〜

複雑な現代社会の中でもがき苦しむ人々が、希望を見いだし、闇から抜け出すための小さなヒント。
型番 978-4-902211-60-3
販売価格 1,728円(税込)
購入数



  • 森一弘

  • A5判 並製

  • 264ページ

  • ISBN978-4-902211-60-3

  • Cコード:C3016

  • 教友社


混迷の時代に何が生きる指針となるのでしょうか。現代人が抱える心の闇に森司教が光を当てます。複雑な現代社会の中でもがき苦しむ人々が、希望を見いだし、闇から抜け出すための小さなヒントを、キリスト教の人間理解に立ちながら「生きるとは何か」を考えます。

◎“Laudate”書籍の紹介:『どう、生きたらよいのか〜人・家族・社会のありようを考える〜』

初版発行:2010年5月13日

もくじ


第一部 人、家族、社会の揺らぎ
 第一章 人の揺らぎ
  1 人は、柔らかで刺のない温かな心に飢え渇く
  2 人は、存在するだけで素晴らしい
  3 幸せについてのコペルニクス的意識転換
  4 脳が侵され、心が壊れる
  5 心が病む、人としての私が無視される
 第二章 家族の揺らぎ
  1 家族が家族を守れない
  2 人は、人に飢え渇く
  3 家族の加害者になる家族
 第三章 社会の揺らぎ
  1 偽装に揺れる
  2 教育が崩壊する
 第四章 人を裁く、裁かれる
  1 裁判員制度への戸惑い
  2 死刑制度への疑問
第二部 生きるための光を求めてー身の上相談ー
 1 会社一筋の夫の胃に孔が開きました
 2 こんな私でも神様からゆるしてもらえますか?
 3 私を裏切った夫をゆるすことがむずかしい
 4 私は妻に暴力を振るってきました
 5 人前で演技し続ける自分の人生に嫌悪・・・自信がない
 6 良い子であることに疲れ、爆発してしまいました
 7 ひきこもって六年、社会に出たいけれども心が動かない
 8 私の育て方が間違っていたのでしょうか?
 9 息子が自らいのちを絶って眠れない日々が続いています
 10 人は神を自分の都合のよいように解釈している?
 11 祈るために時間をとれない私はだめ信者?
 12 主の祈りを口先だけで唱えてしまっています
あとがき

著者紹介


著者:
森一弘(もり かずひろ)
1938年、横浜に生まれる。
1960年、上智大学文学部哲学科卒業。1959年、男子カルメル修道会に入会。
1962年〜1968年、ローマのカルメル会国際神学校に留学。1967年、司祭叙階。
1968年に帰国後、カトリック司祭として活躍。
1985年、司教に叙階。カトリック東京大司教区補佐司教として活躍。2000年、同、退任。
現在、(財)真生会館理事長。

主な著書:
「信徒の霊性」「カトリック司教が見た日本社会の痛み」「しんげん」(以上、女子パウロ会)他。
Top