会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

身代わりの愛

アウシュビッツで身代わりの死を遂げたコルベ神父の姿を、助けられたガヨヴィニチェクさんの証言で明らかにする。
型番 ISBN978-4-88216-108-0
販売価格 540円(税込)
購入数



  • 小崎登明 著

  • 文庫 並製

  • 274ページ

  • ISBNISBN978-4-88216-108-0

  • Cコード:C0195

  • 聖母の騎士社


コルベ神父─生誕100年記念出版。
アウシュビッツで身代わりの死を遂げたコルベ神父の姿を、助けられたガヨヴィニチェクさんの証言で明らかにする。

第二次世界大戦のさなか、アウシュビッツ収容所で身代わりの死刑を受けたコルベ神父を、ポーランド人の証言で浮き彫りにする。……マキシミリアノ・マリア・コルベ神父は大2次大戦中、ナチス・ドイツ軍のアウシュビッツ強制収容所で、死刑を言い渡された或る父親の身代わりとなって餓死の刑を引き受けた愛の聖人である。(「はしがき」より)

初版発行日:1994年2月20日

もくじ


はしがき
生命を助けられた老人の涙
聖母の町ニエポカラヌフ修道院
ポーランド人に受けた『長崎の鐘』
コルベ師の死と収容所の生活
最後まで生きた愛の殉教者
五つの町と新しい旅立ち
古都クラクフとコルベ師の母
知られざるコルベ師ゆかりの地
アウシュビッツで身代わりの愛
臨死体験の老人は明るく微笑む
けがれなき聖母マリアへの信心
コルベ神父は殉教者か?
あとがき

著者紹介


小崎登明(おざき とうめい)
本名 田川幸一
カトリック修道士。昭和3年(1928年)3月、北朝鮮に生まれる。
本籍は長崎県外海町黒崎。昭和16年、帰国する。
昭和20年(1945年)8月、長崎・浦上で原爆にあい、2カ月後、長崎・聖母の騎士修道院(コンベンツアル聖フランシスコ修道会)へ入る。
長年、月刊『聖母の騎士』編集に携わる。聖母の騎士小学校・椿原中学校校長を経て、現在、長崎・聖コルベ記念館に勤める。

著者:
『ながさきのコルベ神父』、『長崎オラショの旅』、『西九州キリシタンの旅』、『ドキュメント・キリスト信者』、『信仰の旅路』、『十七歳の夏』、『春いつまでも』(聖母文庫)
Top