3月30日(木)から4月2日(日)まで棚卸のため、誠に勝手ながら休業させていただきます。何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

キリストの心を生きる宣教

ひとりの司教の生活と行動、日本カトリック司教協議会の動きが楽しく紹介される。
型番 530
販売価格 1,296円(税込)
購入数



  • 岡田武夫

  • B6判 並製

  • 224ページ

  • ISBN978-4-7896-0530-4

  • Cコード:C0016

  • 女子パウロ会発行


日本における福音宣教をテーマとして追い求めてやまない著者が、東京大司教就任をきっかけに、月刊誌や機関誌等に掲載された記事をもとに一冊の本にまとめたもの。
ひとりの司教の生活と行動、日本カトリック司教協議会の動きが楽しく紹介される。

日本における福音宣教を思いめぐらして
月に一度の日記
付記、展望と期待

もくじ


第1章 日本における福音宣教を思いめぐらして
キリストの心を生きる宣教、かけがえのない私、私にとって神学とは、福音が伝わる、「信仰の喜び」とは伝わるものか、視点と立場が変わると、宣教の力となる典礼―日本人とクリスマス

第2章 月に一度の日記
カトリック中央協議会事務局長に就任して、なるほど電子メールというものは便利なものだ、「まことに失礼とは存じますが申し上げてもよろしいでしょうか?」、暑中、お見舞い申し上げます、教皇大使エムブローズ・デ・パオリ大司教がカトリック中央協議会を訪問、ものすごい集中豪雨が北関東を直撃、秋もすっかり深まってきました、11月に「近くて遠い国」と言われる韓国へ行ってきました、旧年中はたいへんお世話になりました。本年もどうぞよろしく、「デザート」って何?、司教総会のためにお祈りを、年年歳歳、カルー大司教様より、横浜教区司教叙階、1999年定例司教総会、今日の北関東はまさに真夏、今年の夏は意外の猛暑続きです、夏過ぎて、韓国から司教を迎えて、司祭叙階銀祝、主イエス・キリストのご降誕とともに大聖年を迎えます、いよいよ第三の千年紀に入りました、口語の主の祈り、退職される皆様、ありがとうございました、ご復活おめでとうございます、「神の国」の発言、カトリック障害者連絡協議会第七回総会、今年もとくに暑いようですね、2000年8月を振り返ればー「モンゴル」と「引っ越し」と「平和旬間」、暑さ寒さも彼岸まで、夏から秋へ

付記・インタビュー 岡田武夫大司教 展望と期待
あとがき
初出一覧

著者紹介


著者:
岡田 武夫(おかだ たけお)
東京教区大司教
1941年千葉県市原市に生まる。
1966年東京大学法学部卒業
1973年司祭に叙階される。
1991年浦和教区の司教に叙階される。
1998年から2000年カトリック中央協議会事務局長の任務に従事する。
2000年東京教区大司教に就任する。

主な著書:
『宴への旅』『死から命へ』(あかし書房)
『信仰の喜びを伝えるために』(女子パウロ会)
『福音宣教』(オリエンス宗教研究所)
Top