会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

始まりへ

言うに言われぬ熱い招きに、旅立つ男と、女……。長い沈黙の後に生まれた前作に続く、霊的著作と言える戯曲風長編小説 。
型番 393
販売価格 1,677円(税込)
在庫数 SOLD OUT
SOLD OUT


  • 高橋たか子

  • 四六判 上製

  • 264ページ

  • ISBN978-4-7896-0393-5

  • Cコード:C0093

  • 女子パウロ会発行


著者「あとがき」より
小説家という職業をやめたので、霊的著作というジャンルのものを書いていこうと思い、『土地の力』『「内なる城」について思うこと』そして今度の『始まりへ』と、たてつづけに3つ書いた。長年鍛えた表現力がおのずから出てきて、第1のは小説、第2のはエッセイ、第3のは戯曲というふうに、形式はいろいろになったが、一つの方向へすべての言葉が収斂している中身において、どれも霊的著作としか言いようのない書きものなのだ。

この『始まりへ』を書き出した時、二人の日本人の女が、私の分身として私の中からいきいきとしゃべりだし、ずっと、その感じがつづいていき、フランス人の男のほうは、私から遠い人物として登場してきたのに、中頃から、この男がぐんぐん分身性を顕わにしてき、後半全体にわたって、女たちにとってかわって、濃く私に重なってしまった。何と、不思議なことだろう、この男は私自身なのである。

日本図書館協会選定図書

著者紹介


著者:
高橋たか子(たかはし たかこ)
1932年 京都市生まれ。
1954年 京大文学部フランス文学科卒後、大学院修士課程終了、文学修士号取得。

おもな著書:
長編小説として『空の果てまで』(田村俊子賞)、『誘惑者』(泉鏡花賞)、『天の湖』、『ロンリー・ウーマン』(女流文学賞)、『荒野』、『装いせよ、わが魂よ』、『怒りの子』(読売文学賞)、『亡命者』、『君の中の見知らぬ女』、『きれいな人』(毎日芸術賞)ほか多数があり、フランスで、1980年代にわたって観想的な生活をしたことの実りとしての、『土地の力』、『始まりへ』、『内なる城について思うこと』、『巡礼地に立つ』など、霊的テーマの著作がある。
現在、神奈川県に在住。
Top