12月25日(月)誠に勝手ながら臨時休業とさせていただきます。何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

これからの教会のありようを考える

教会の歴史を振り返りながら、現代カトリック教会が、より多くの人々の人生を支える真実の希望になってほしいという願いを込めて、教会のありように迫る。
型番 704
販売価格 1,296円(税込)
購入数



  • 森一弘

  • B6判 並製

  • 175ページ

  • ISBN978-4-7896-0704-9

  • Cコード:C0016

  • 女子パウロ会発行


教会の歴史を振り返りながら、現代カトリック教会が、人々につまずきになるものを真摯に見つめて、前教皇ヨハネ・パウロ二世が指摘したように、自らを改め、より多くの人々の人生を支える真実の希望になってほしい、という願いを込めて、教会のありように迫る本です。

初版発行:2011年4月25日

もくじ


  まえがき

  一 教会の原型は?

  二 教会を支える人々
     信徒と司祭のかかわり

  三 今日における福音の射程
     現実社会の人々に向き合う福音

  四 これからの日本の教会が大事にしなければならない視点
     第二バチカン公会議後四十数年たって

  五 健全な批判精神のすすめ
     カトリック者の現代世界への貢献の道

  六 あなたの愛を政治に生かすヒント
     わたしもあきらめない

  七 政治と宗教の距離
     現代における宗教の役割

  八 罪の隠蔽は福音的でない
     聖職者たちの性的虐待事件
     カトリック教会にはチェックシステムが必要なのでは?

  あとがき

著者紹介


1938年生まれ、 神奈川県出身。
上智大学文学部哲学科を卒業。
1967年ローマでカトリック司祭になり、1985年司教に叙階。
2000年まで、東京教区補佐司教を務める。その間、カトリック中央協議会事務局長を兼務。現在は財団法人・真生会館の理事長として、講演活動、執筆活動、黙想指導などに携わる。
おもな著書に、『カトリック司教がみた日本社会の痛み』『しんげん』『神の発見』(五木寛之+対談者森一弘)、『聖書のことば』『ほんとうのクリスマス』『世界と日本と民主主義のありようを考える』『人が壊されていく 日本社会と人のありようを考える』ほか。
Top