12月25日(月)誠に勝手ながら臨時休業とさせていただきます。何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

世界と日本と民主主義のありようを考える

ここ数年の政治と政党の動きの背景にあるもの、その問題点、民主主義のありようを、キリスト者の立場から考える。
型番 640
販売価格 648円(税込)
購入数



  • 森一弘

  • B6判 並製

  • 64ページ

  • ISBN978-4-7896-0640-0

  • Cコード:C0640

  • 女子パウロ会発行


ここ数年の政治と政党の動きの背景にあるもの、その問題点、民主主義のありようを、キリスト者の立場から考える。

目次


   はじめに
    新しい流れを前にして
    過去の反省から
    第二バチカン公会議後を生きる教会として
   民主主義国家の問題点
    民主主義国家の暴力性に対する素朴な疑問
    西欧民主主義国家の場合
    アメリカ合衆国の場合
    アジアの場合
    日本の場合
   結び

著者紹介


著者:
森一弘(もり かずひろ)
1938年 生まれ、神奈川県出身。
上智大学文学部哲学科を卒業。
1967年 ローマでカトリック司祭になる。
1985年 司教叙階。
200年まで 東京教区補佐司教を務める。
その間、カトリック中央協議会事務局長を兼務。
現在は財団法人・真生会館の理事長として、講演活動、執筆活動、黙想指導などに携わる。

主な著書:
『人の思いをこえて』『カトリック司教がみた日本社会の痛み』『しんげん』『神の発見』(五木寛之+対談者・森一弘)、『聖書のことば』『ほんとうのクリスマス』ほか
Top