会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

きかんぼねずみのクリスマス

クリスマスの、ほんとうの心を子どもたちに贈る、クリスマス創作絵本。
型番 635
販売価格 1,296円(税込)
在庫数 SOLD OUT
SOLD OUT


  • いまむらあしこ 文

  • こいずみるみこ 絵

  • 24cm×25cm 上製

  • 24ページ

  • ISBN978-4-7896-0635-6

  • Cコード:C8793

  • 女子パウロ会発行



ひとりっ子のきかんぼねずみは、クリスマスを迎える準備をしているとき、クリスマスのほんとうのこころに気がつき、いのちがけでそれをやりとげました。「だれかのために、何かをする日」というクリスマスの、ほんとうのこころを子どもたちに贈る、クリスマス創作絵本です。

初版発行:2007年10月1日

著者紹介


著者:
今村葦子(いまむら あしこ)
1947年、熊本県生まれ。
『ふたつの家のちえ子』で野間児童文芸推奨作品賞、坪田譲治文学賞、芸術選奨文部大臣新人賞、同作品および、『良夫とかな子』『あほうどり』により路傍の石幼少年文学賞、『かがりちゃん』により野間児童文芸賞、『ぶな森のキッキ』により絵本にっぽん大賞、『まつぼっくり公園のふるいブランコ』によりひろすけ童話賞を受賞。長編、幼年童話、絵本まで作品多数。

絵:
小泉るみ子(こいずみ るみこ)
1950年、北海道美唄市生まれ。早稲田大学文学部卒業後、絵を描き始める。
日本児童出版美術家連盟会員。

おもな絵本:
「小泉るみ子四季のえほんシリーズ」の四部作『わたしの好きな場所』『ふぶきのあとに』『秋は林をぬけて』『カッコウが鳴く日』や、『バスをおりたら……』『ねたふり』などがある。さし絵作品に、『ジャンポールという名の魚』『シンタのあめりか物語』『コカリナの海』『子うさぎのチノ』など多数。
Top