会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

エゲリア巡礼記

西暦400年頃、ローマの属州でヒスパニアと言われたイベリア半島出身のエゲリアという修道女によって書かれたエルサレムの巡礼記です。
型番 4-8056-1010-7
販売価格 1,080円(税込)
購入数



  • 太田強正 著

  • B6判 並製

  • 128ページ

  • 4-8056-1010-7

  • 0016

  • サンパウロ


西暦400年頃、ローマの属州でヒスパニアと言われていたイベリア半島出身のエゲリアという修道女によって書かれたエルサレムの巡礼記。当時、キリスト教世界では聖地巡礼熱が非常に高まっていました。こうした背景の中で書かれた本巡礼記は、当時のエルサレムの状況、また典礼の様子を知るうえで、第1級の貴重な資料です。

初版発行:2002年12月8日

もくじ



第一部 旅
シナイにて
ネボ山にて
ヨブの墓にて
メソポタミアにて
第二部 エルサレムにおける典礼
週の典礼
年の典礼

著者紹介


著者:
太田強正(おおた つよまさ)
1947年 宮城県仙台市に生まれる。
1965年 宮城県立仙台第二高等学校卒業。
1970年 神奈川大学外国語学部スペイン語学科卒業。
1972年 東京外国語大学大学院修士課程ロマンス系言語専攻終了(文学修士)。
現 在 神奈川大学外国語学部スペイン語学科教授。
    神奈川県立外語短大非常勤講師。
Top