〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

福音の喜び 人々の中へ、人々と共に──

聖書や神学、平和学、環境問題等から、現代日本のキリスト教が直面する課題を立体的に考察する一冊。2015年上智大学神学部 夏期神学講習会講演集。
型番 978-4-8184-0937-8
販売価格 3,080円(税込)
購入数


  • 片山はるひ 高山貞美 編著

  • 290ページ /四六判 並製(ソフトカバー)

  • 日本キリスト教出版局 発行

  • ISBN978-4-8184-0937-8 /Cコード:C3016


聖書に描かれる「福音」は、なぜ「喜び」であるのか?
そして私たちは、どのように「福音の喜び」を生き、伝えてゆくのか?

聖書や神学、平和学、環境問題等から、
現代日本のキリスト教が直面する課題を立体的に考察する一冊。
論文10本とシンポジウムの記録を収録。

初版発行:2016年3月25日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


まえがき
凡例

第I部 聖書・神学からの照らし
 教皇フランシスコの神学 ホアン・アイダル
 「よきおとずれ」の背後にあるもの──第二イザヤの場合 月本 昭男
 「よい知らせ」を喜ぶ?──ルカ文書における喜びのダイナミズム 山中 大樹

第II部 「福音の喜び」を生きた人々
 苦しみの意味と福音の喜び──永井隆の語る「摂理」とは 片山 はるひ
 ルターにとっての福音の喜び 江藤 直純

第III部 日本と「福音の喜び」
 日本人の心に福音の喜びを届ける──遠藤周作と井上洋治の試み 山根 道公
 苦しむ神・蘇る神―宗教間対話の立場から 高山 貞美

第IV部 現代社会における「福音」──平和・環境
 福音宣教の社会的次元──平和 小山 英之
 現代世界憲章五十年と日本の今 光延 一郎
 『福音の喜び』と社会的包摂に向けた環境問題への取り組み──インド・イエズス会による先住民族の農村での事例をもとに 吉川 まみ

第V部 シンポジウム「日本人の心に届く『福音』とは?」
 司会/片山はるひ パネリスト/高山貞美、月本昭男、山根道公

あとがき
編著者紹介

おすすめ商品


ADカードXQRADWF 390

528円(税込)


ADカードXQRADWF 317

528円(税込)


カレンダー

2022年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top