〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

イエス・キリストを思い起こしてください―現代の信仰問題への応答として―

ローマ教皇ベネディクト16世の臨席のもとに、教皇公邸にて、2005年の待降節と2006年の四旬節に行われた黙想会の説教集です。
型番 978-4-8056-0479-3
販売価格 2,160円(税込)
購入数



  • ラニエロ・カンタラメッサ 著

  • 小平正寿 パウロ・ヤノチンスキー 監訳

  • 金子知香 高木利彦 訳

  • B6判 並製

  • 224ページ

  • ISBN978-4-8056-0479-3

  • Cコード:C0016

  • サンパウロ



この本はローマ教皇ベネディクト十六世の臨席のもとに、教皇公邸にて、2005年の待降節と2006年の四旬節に行われた黙想会(教皇庁に勤めている枢機卿も黙想会に参加した)の説教集です。黙想会の共通した主題は、現代におけるキリストに対する信仰についてであり、二つの異なる視点から考察されています。第一部の待降節は、キリストを告げ知らせることに重点が置かれています。第二部の四旬節は、キリストに倣うこと、特にキリストのご受難に倣うことを重視しています。(序章より)

病気について話しても、その病気に感染しないが、病気に感染している人との接触によって、病気が感染し拡大するのとちょうど同じように、もしキリストが福音宣教をする人の心の中に住んでおられないなら、キリストを宣べ伝えても効果はないでしょう。

初版発行:2017年3月1日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1ヵ月ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


序章 イエス・キリストのことを思い起こしなさい。わたしの宣ベ伝える福音によれば、この方は、ダビデの子孫で、死者の中から復活されたのです

   第一部 世に打ち勝つ信仰

第一章 「人々は、人の子のことを何者だと言っているか」現代および初代教会のキリストに対する信仰
 1.キリストの存在と不在
 2.ケリュグマとディダケー
 3.ケリュグマを再発見すること
 4.イエスを主として選び直すこと
第二章 「あなたは信じますか」ヨハネ福音書におけるキリストの神性
 1.「『わたしはある』……をあなた方が信じなければ」
 2.「神のみ業を行うとは、神がイエスを遣わされたことを信じることにあります」
 3.「わたし[イエス]につまずかない者は幸いである」
 4.「わたしは道であり、真理であり、命である」
 5.イエスが愛した弟子(そしてイエスを愛した人!)
第三章 無償で義とされる!パウロのイエス・キリストに対する信仰
 1.キリストに対する信仰によって義とされます
 2.義と回心
 3.信仰による「流用」
 4.義、そして罪の告白
 5.「キリストとその復活の力とを知り」
 6.「後ろのことを忘れて前のことに全身を傾け」
第四章 「あなたのためにこの日……救い主が生まれた」どのようにして現代にキリストの救いを宣言すればよいのか
 1.人類は、そのような種類の救い主を必要としているでしょうか
 2.私たちには、まだ救い主が必要でしょうか
 3.キリストは私たちを空間から救います
 4.キリストは私たちを時間から救います
 5.キリスト、「私の」救い主
 6.岩の上の潮の印

   第二部 イエス・キリストの聖なる受難を思い起こして

第五章 「苦しみの中で、イエスはいっそう熱心に祈りました」
 1.キリストの死にあずかる洗礼を受ける
 2.ゲツセマネ、歴史上の事実
 3.神と格闘する二つの異なる方法
 4.「苦しみの中でイエスはさらに熱心に祈られた」
 5.「世の終わりまで苦しみのうちに」
第六章 「死に至るまで従順でした」
 1.犠牲か従順か
 2.神は従うことができるのでしょうか
 3.キリスト者としての生活の中での神への従順
 4.従順と権威
 5.神に問いかけること
 6.聖母マリア、従順な方
第七章 「岩を砕こう」
 1.受難と聖骸布
 2.救い主の霊魂の受難
 3.「主よ、それはわたしですか」
 4.「わたしは戸口に立ってたたいている」
 5.「私たちの主の十字架の他に私が誇りとするものがないように」
第八章 「神はご自分の愛を私たちに示します」
 1.「キリスト者たちよ、あなたの信仰の表明において、いっそう勇敢であってください」
 2.受肉に先立つ受難(熱情)!
 3.偉大さの三つの等級
 4.赦す愛
 5.愛する義務

 著者注
 翻訳参考資料

カレンダー

2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2019年8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会公式インスタグラム
Top