〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

カトリック・サプリ4 日々の生活に気づきをもたらす25の話

竹下節子氏の好評エッセイ集 第4巻!
型番 978-4-88626-641-5
販売価格 814円(税込)
購入数



  • 竹下節子

  • 新書判 並製

  • 205ページ

  • ISBN978-4-88626-641-5

  • Cコード:C0216

  • ドン・ボスコ社


文化評論家として、執筆家として、音楽家として、さまざまな視点からエネルギッシュに発信し続ける著者の、人生を豊かに生きる秘訣。

あるときは世界の経済に目を向け、あるときはテロリストの犠牲となった修道者の魂に共鳴し、またあるときは目の前の幼い子どもたちや年老いた愛猫に心を寄せる。「政治も宗教も、共通善もペルソナの尊厳も、すぐそばにいる他者への小さな配慮なしには、きっと、なんの意味ももたない」という著者の思いは、私たちの日々の生活の中に、大切な気づきをもたらしてくれるだろう。

初版発行:2018年10月26日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1週間ほどかかります。
他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


はじめに  三澤洋史

その1 魂の求めるものに気づくとき
 明鏡止水
 天使の名前
 二十一世紀の聖骸布
 聖人と出会うこと
 音楽とコミュニオン

その2 日常の中に見つける宝
 家族
 贈り物
 病めるときのインターネット
 看取りと復活
 私が幸せなとき

その3 現代社会の中で思うこと
 招かれるのは誰なのか
 「子どもを愛する」とはどういうことか
 フランスの教会テロの後で思うこと
 あるジャーナリストが知りたかったこと
 キリスト者と政治

その4 忘れてはいけないこと
 教育者に必要なもの
 ゆるす、忘れる、続ける
 死後の世界はありますか
 神は向こうからやってくる
 光あれ

その5 聖なるものと出会うとき
 奉献生活とは何か
 戦後七十年と聖女ジュヌヴィエーヴ
 マザー・テレサの逆説
 ジャンヌ・ダルクと神学
 復活考

著者紹介


著者:
竹下節子(たけした せつこ)
1974年、東京大学教養学部教養学科フランス分科卒業、同大学院比較文学比較文化専攻修士課程修了。
同博士課程、パリ大学博士課程を経てフランスの高等研究実習院でカトリック史やエゾテリズム史を修める。
現在は比較文化の視点からの評論、執筆活動のほか、室内楽アンサンブルのグループを主宰するなど、多様な文化活動を行っている。

カレンダー

2020年7月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2020年8月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top