〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

いのちに仕える「私のイエス」

遠藤周作『侍』を読みながら、ともに歩み、仕える神と出会う。
型番 978-4-87232-106-7
販売価格 1,650円(税込)
購入数



  • 星野正道 著

  • B6判 並製

  • 205ページ

  • ISBN978-4-87232-106-7

  • Cコード:C0016

  • オリエンス宗教研究所



遠藤周作の小説『侍』――遠藤文学のなかでも最大の傑作と言われるこの作品を軸に、現代日本の社会状況、そして日本人とキリスト教について概観する。あわせて本作とリジューの聖テレーズとの比較を試みながら、イエス、教会、福音宣教のあり方を見つめ直す。それぞれの「私」とともに歩み、仕えてくれるイエスと出会うための一冊。


初版発行2019年1月15日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1ヵ月ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


1 『侍』という小説と福音宣教
   教会はキリストのからだ
   『沈黙』への驚き
   作品中の時代背景
   植民地にするということ
   「侍」と呼ばれる人物
   作品に重ね合わせられたもの
   日本人の宗教観と宣教
   日本人元修道士との出会い
   侍が触れたキリスト
   アメリカインディアンの手紙
   インディアンにとっての土地
   土地がいのちに変わる
   奪い尽くされ砂漠となる
   かつて起きたことは今も起こる
   人間の神
   
2 イエスの心に触れる
   一匹のはぐれた羊として
   語れないその先にあるもの
   歴史の傷
   時代設定のポイント
   いつの時代にもある「戦」
   「私のイエス」との出会い
   みことばとの出会い
   
3 日本人とキリスト教
   作者が書いた日本の独自性
   日本人の強みと弱み
   利のためにはゆるす
   日本は「沼地」
   取引のなかでの福音宣教
   絶対を求めない文化
   存在しない「一人の人間」
   洗礼、元修道士との再会
   
4 神を受け容れる
   小さな変化
   侍のなかに見えるイエスの姿
   文箱から出てきた紙束
   捨てられた者として
   人間を通して語る神
   
5 侍とイエス
   日本を見る目
   日本とキリスト教との五つの時
   神は死んだのか
   金殿玉楼の教会とは
   福音書に見るイエスの心
   生活の同伴者と人生の同伴者
   
6 しらどり
   白い鳥が表すもの
   肉と霊
   神の計画と侍たち
   五嶋みどりさんの経験
   今生きている場所
   見知らぬ国へ
   仕える神
   十字架
   最後の者
   
7 『侍』とリジューの聖テレーズとの比較
   キリスト教を正確に伝えた人
   「ごく小さい者は、私に来るように」
   拡大志向の人間
   人間の中で動く打算
   小さくなっていく人間
   「犬」が象徴するもの
   神は決して見捨てない
   何も持たずに
   人間としてのたった一つの使命
   
引用・参考文献
あとがき

著者紹介


星野正道(ほしの まさみち)
1950年、東京・杉並区生まれ。
国立音楽大学卒業。ピアノを専攻。
聖アントニオ神学院卒業。哲学・神学を修める。
1993年、カトリック司祭に叙階される。
現在、東京教区司祭・白百合女子大学教授。

カレンダー

2020年7月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2020年8月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top