〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

教皇フランシスコ―教会の変革と現代世界への挑戦―

さまざまな問題を抱えて苦悩するカトリック教会、また変動する現代社会にあって、教皇フランシスコは今、一体何を訴えようとしているのだろうか。
型番 978-4-8056-2099-1
販売価格 1,540円(税込)
購入数



  • 森一弘

  • B6判 並製

  • 274ページ

  • ISBN978-4-8056-2099-1

  • Cコード:C0016

  • サンパウロ


今秋、来日が予定されている教皇フランシスコ。彼は優しさで人々を魅了し、同時に刺激的で大胆な発言で、教会の変革を呼びかける。また、資本主義経済で物質的な幸せを最優先する現代世界の価値観にも警鐘を鳴らして訴え呼びかける。その新鮮さと魅力を描く。

今回、ここにまとめたものは、「教皇が、どのような教会を目指そうとしているのか、そのために教会の何を変えていくことを求めているのか」という観点から、教皇の使徒的な勧告や発言を私なりに読み込んだものであり、月刊誌「家庭の友」(サンパウロ発行)に連載したものである。
/森一弘 名誉司教(著者)

初版発行:2019年5月31日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1ヵ月ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


   はじめに
一、「あわれみ」の特別聖年の勅書から
 「いつくしみ」ではなく「あわれみ」と訳すべきだったのでは……!
 「教会は疲れている!?」
 「あわれみの特別聖年」の真の狙いは、何だったのか?
 人へのまなざしを軸とした教会の刷新を

二、使徒的勧告『福音の喜び』から
 教皇は教会の現状を、どのように見ているのか
 教会の本来の姿は?
 イエスを外に出さない、自己中心的な教会は、病気だ!

三、使徒的勧告『愛のよろこび』から
 現代のカトリック教会における「シノドス」の意義
 家庭・家族の価値とその尊さ
 漢字の「喜び」と平仮名の「よろこび」
 愛を、どう理解したらよいか?
 教義に軸足をおいた司牧の限界
 家庭・家族をむしばむ現代社会の営み
 国家・民族という共同体と家庭・家族という共同体の違いは?
 家庭・家族に創世記の光を当ててみると……
 親としての神は、決して人間を見捨てず諦めない
 家族であることの福音的意義は、どこに……

四、現代世界への教皇の挑戦
 現代世界は、叫びを上げている
 資本主義経済のシステムに警鐘を鳴らす
 排他性と格差を育ててしまう経済システム
 地球が壊されていく
 エコロジカルな回心に向けて

著者紹介


著者:
森 一弘(もり かずひろ)
1938年 横浜市に生まれる。
1960年 上智大学卒業。
1967年 ローマにて司祭叙階。
1985年 司教叙階。
1985〜2000年 束京大司教区補佐司教として活躍。
現在、真生会館にて、黙想指導、講演、執筆活動を行う。

カレンダー

2019年11月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会公式インスタグラム
Top