〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産──日本のユネスコ世界文化遺産──

日本におけるキリスト教伝来と繁栄、その後の250年にも及ぶ迫害と殉教、明治期の再宣教の歴史をそのゆかりの地と共に紹介する。
型番 978-4-8056-6417-9
販売価格 2,090円(税込)
購入数


  • 山口百々男 著

  • 212ページ /A5判 並製(ソフトカバー)

  • サンパウロ 発行

  • ISBN978-4-8056-6417-9 /Cコード:C0026


2018年6月30日、
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が
ユネスコ世界文化遺産に登録された。

本書では、12の文化遺産とその関連遺跡を写真で紹介し、
日本へのキリスト教の伝来と繁栄、禁教、
そして宣教師が一人もいなくなった江戸期から、
キリスト教が解禁された明治初期までの
約250年におよぶ迫害と殉教の歴史の中で、
キリスト教をひそかに守り続けた潜伏キリシタンたちの
生きざまが綴られる。

初版発行:2020年3月19日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


はじめに

第吃堯‘本キリシタン小史
 第1章 キリシタン時代(宣教と繁栄)
 第2章 潜伏キリシタン時代(禁教と潜伏)
 第3章 復活キリシタン時代(解禁と復活)

第局堯\伏キリシタン関連遺跡の12構成資産
 (1)原城跡
 (2)平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳)
 (3)平戸の聖地と集落(中江ノ島)
 (4)天草の津集落
 (5)外海の出津集落
 (6)外海の大野集落
 (7)黒島の集落
 (8)野崎島の集落跡
 (9)頭ケ島の集落
 (10)久賀島の集落
 (11)奈留島の江上集落(江上天主堂とその周辺)
 (12)大浦天主堂

結びに代えて

付 記


著者紹介


山口百々男(やまぐち ももお)
大阪星光学院中学・高等学校およびサレジオ学院高等学校の元教頭。
旧通訳ガイド養成所(現・文際学園日本外国語専門学校および大阪外語専門学校)の元初代校長兼理事(創業に参画)。
全国語学ビジネス観光教育協会(元理事)付属観光英検センター顧問(観光英検1級問題作成委員)。
全国専門学校日本語教育協会元理事。英検1級2次面接元試験官。

カレンダー

2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top