〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

俳句で祈る

『俳句でキリスト教』に続く、著者の「求道俳句シリーズ」の第二弾。
型番 978-4-8056-7040-8
販売価格 1,650円(税込)
購入数



  • 平田 栄一 著

  • 188頁/B6判、並製(ソフトカバー)

  • サンパウロ 発行

  • ISBN978-4-8056-7040-8 /Cコード:C0016



『俳句でキリスト教』に続く、著者の「求道俳句シリーズ」の第二弾。

著者のやむことなき「求道」の心と、自由律俳句の禅僧・種田山頭火の作品を深く読み解きながら、
全国を放浪して12,000もの句を残した山頭火の人となりに迫る。
また、人生の師と慕った故井上洋治神父との思い出や、求道の道をひたすらたどる著者が詠んだ自選の句について、
自らの解説によって紹介する。

初版発行:2023年3月20日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1週間ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


機.リスト者が読む山頭火
 山頭火とキリスト教
  沈みゆく夜の底へ底へ時雨落つ
  松はみな枝垂れて南無観世音
  松風に明け暮れの鐘撞いて
  ひさしぶりに掃く垣根の花が咲いてゐる
  分け入つても分け入つても青い山
  しとどに濡れてこれは道しるべの石
  炎天をいただいて乞ひ歩く
  鴉啼いてわたしも一人
  まつすぐな道でさみしい
  へうへうとして水を味ふ
  生死の中の雪ふりしきる

供‘醋汽▲奪丱潺義鮎話
 井上神父の三位一体論
 死者の月に思う
 復活信仰の根拠
 信仰と行い――妙好人に学ぶ
 父のまなざし、イエスのまなざし
 人も変わる、教会も変わる
 信仰と文学

掘’亢腓乃Г
 求道俳句という生き方
 求道俳句集
  一
  二
  三
  四

あとがき


著者紹介


平田 栄一(ひらた えいいち)
1955年 埼玉県生まれ。
慶応義塾大学商学部卒。
県立高校地歴・公民科講師。カトリック俳人・歌人。求道俳句誌「余白の風」主宰。
井上洋治神父の「風の家」運動を引き継ぎ、在宅講義「井上洋治神父の言葉に出会う」(YouTube)などを開催。
1990年 「層雲」新人賞ほか。

著書:『俳句でキリスト教』(サンパウロ)、シリーズ『井上洋治神父の言葉に出会う』機銑検弊司貶幻法法
求道俳句集『アッバを呼ぶ』ほか。
ブログ:「南無アッバ」を生きる

カレンダー

2023年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2023年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top