〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント3倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

病と老いと死、とその後の「いのち」

終末とは、聖霊とは、希望とは何か。死から目をそらしがちな文明に生きる私たちへの問いかけ。
型番 1478960839
販売価格 1,540円(税込)
会員のみ購入できます

  • 森一弘 著

  • 196頁 /B6判 並製

  • 女子パウロ会 発行

  • ISBN978-4-7896-0839-8 /Cコード:C0016



故森一弘司教が、真生会館での日曜講座シリーズで話された原稿を編集してまとめたものです。
タイトルにあるように「いのち」と「死」を中心にした6項目の講話を通して、死から目をそらした文明の中で
生きているわたしたちに問いかけます。
終末とは、聖霊とは、死を突き抜ける光、希望とは……。


初版発行:2024年3月31日

※こちらの書籍を1冊お求めの場合、送料180円のスマートレターでお送りすることができます。
 ご希望の方は、備考欄に「郵送希望」とご入力ください。



もくじ


まえがき

危険にさらされている「いのち」についての考察
死のかなたに何があるのか、虚無か、いのちの輝きか
大きな力に操られず、流されずに、自分らしく生きるために
キリストの十字架を見つめて 闇の中に光を見いだしていくために―闇は、人生の一部、旅の道連れ
病と老いと死、とその後の「いのち」―キリスト教が理解する終末
聖霊について


著者紹介


森 一弘(もり かずひろ)
1938年 横浜に生まれる。
1967年 ローマにて司祭叙階。
1985年 司教に叙階。
2000年までカトリック東京大司教区補佐司教として務める。
その後は2021年6月30日まで真生会館の理事長を務め、講演、執筆、黙想指導などに力を注ぐ。
2023年9月2日帰天。

主な著書に、『人はみな、オンリーワン』『あなたにとって神とは?』『世界と日本と民主主義のありようを考える』『これからの日本のゆくえ』『これからの教会のありようを考える』(女子パウロ会)、『教皇フランシスコ―教会の変革と現代世界への挑戦―』(サンパウロ)、『「今を生きる」そのために』(扶桑社)他多数。

カレンダー

2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top