〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

ミサきのうきょう〜ミサがよくわかるために〜 改訂版

パリ・カトリック学院の典礼学教授として長年教鞭をとったジュネル師の名著の翻訳。
型番 978-4-88626-540-1
販売価格 1,080円(税込)
購入数



  • ピエール・ジュネル 著

  • 菊池多嘉子 訳

  • 中垣純 監修

  • 四六判 並製

  • 243ページ

  • ISBN978-4-88626-540-1

  • Cコード:C0016

  • 改訂版

  • ドン・ボスコ社


パリ・カトリック学院の典礼学教授として長年教鞭をとったジュネル師の名著の翻訳。

二部構成の本著は初代教会から現代に至るミサの歴史を説き明かしながら、その精神を探る第一部と、現在のミサ典礼の意味を細部にいたるまで解説する第二部からなっています。

付録として日本におけるミサ典礼の刷新を収録しています。
ミサを学び、ミサの精神を知るのに最適です。

初版発行:1988年1月31日
改訂第1刷発行:2012年10月20日

※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。また、お取り寄せに1週間ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。

もくじ


推薦のことば
序文

きのう 二千年の歴史
  1.主の晩餐から教会の感謝の祭儀まで
  2.イスラエルの遺産
  3.ユダヤ・キリスト者の諸教会における感謝の祭儀
  4.ギリシャ・ローマ社会の諸教会における感謝の祭儀
  5.殉教者時代の感謝の祭儀
  6.平和到来後の教会建設の林立
  7.教父時代の感謝の祭儀、ミサ
  8.蛮族侵入時代の感謝の祭儀
  9.カロリンガ王朝時代の感謝の祭儀
  10.中世における感謝の祭儀
  11.カトリック教会刷新時代の感謝の祭儀
  12.典礼刷新時代の感謝の祭儀
  13.第二バチカン公会議後の感謝の祭儀

きょう 主日のミサ
  感謝の祭儀の風景
  14.主の日
  15.会衆
  16.あなたの家は美しい
  17.祭壇の神秘
  18.書と杯
  19.白の装い
  20.わたしは手を高く上げてあなたに祈る
  21.神に向かって歌おう

  ことばの典礼
  22.罪びとの民、喜びおどる民
  23.神のことばを聴く
  24.預言書、使徒書、福音書
  25.キリストの声、教会の声
  26.イエズスのよい訪れ
  27.よい土地に落ちる種
  28.唯一の主、唯一の信仰
  29.すべての人のために祈りなさい

  感謝の典礼
  30.パンとぶどう酒
  31.神の栄光と世の救いのために
  32.感謝の祈り
  33.いつも、どこでも感謝する
  34.受難の前夜
  35.わたしの記念として
  36.聖霊において
  37.聖徒の交わりのなかで
  38.主が来られるまで
  39.第一奉献文(ローマ典文)
  40.第二奉献文
  41.第三・第四奉献文
  42.わたしたちの日ごとの糧を今日もお与えください
  43.主の平和がいつもみなさんとともに
  44.パンを裂く
  45.みな、これを取って食べなさい、
    みな、これを受けて飲みなさい
  46.祭儀を超えて―あなたがたはわたしの証人となるであろう

附録 日本におけるミサ典礼の刷新
  一.キリシタン時代とミサ
  ニ.第二バチカン公会議後の日本におけるミサの歩み

監修者あとがき
事項索引


著者紹介


著者:
ピエール・ジュネル(Pierre Jounel)
フランスの教区司祭。
パリ・カトリック学院典礼学担当、同学院副院長。
第2バチカン公会議「典礼憲章実施評議会」委員を歴任。
2百を越える学術書を著す。
フランス語『信徒用 ミサ典礼書』はフランス語圏で広く用いられている。

カレンダー

2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2019年10月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会公式インスタグラム
Top