〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

伊卓上 三位 ウラジミール

イタリア製
寸法:縦7.6cm×横10.2cm×厚さ1.2cm
型番 339206
販売価格 1,760円(税込)
購入数



  • 寸法:縦7.6cm×横10.2cm×厚さ1.2cm

  • 重さ:72g

  • 材質:木

  • 輸入国:イタリア


「聖三位一体」と、
「ウラジミールの聖母(ウラジーミルの生神女)」のイコン調置物です。
本を開いたような形ですが、閉じることはできません。卓上に立てかけるための小さな棒が付属しています。


【イコン:聖三位一体 とは】
15世紀のイコン画家アンドレイ・ルブリョフによって描かれたとされるイコン(聖画像)。
東方正教会などでは『至聖三者』とも呼ばれている。
以前は創世記18章における「マムレにおける出現」を描くものであったが、
ルドリョフによって三位一体の神秘を象徴するものとして描かれるようになった。

主はマムレの樫の木のそばでアブラハムに現れた。
昼の暑い頃のことで、彼は天幕の入り口に座っていた。
ふと目を上げると、三人の人が近くに立っていた。
それを見ると、アブラハムは彼らを迎えようと天幕の入り口から走り出て、
地にひれ伏して、言った。
「ご主人様、もしよろしければ、どうか僕のところを通り過ぎて行かないでください。」(創世記18:1〜3)




【ウラジミールの聖母/ウラジーミルの生神女 とは】
ロシアで最も愛されているイコンのひとつとして有名な
聖母子のイコン(聖像/聖画像)です。

原画は、12世紀にギリシャから現ウクライナのキエフへ贈られ、
その後、現ロシアのウラジーミルからモスクワへと移され、
現在はトレチャコフ美術館収蔵となっています。

東方正教会(Eastern Orthodox Church)において、聖母マリアのことを
「生神女マリヤ(神を生んだ女性マリヤ)」と呼んで崇敬しているため、
『ウラジーミルの生神女』として
親しんでいらっしゃる方も多いかもしれません。

ここでは、カトリック教会の慣例にならい、
聖母マリアと呼んでいきたいと思います。

聖母が御子イエス・キリストを抱き上げ、
母子が頬を寄せ合うこの図は
「エレウサ型イコン」と呼ばれています。
「エレウサ」は"やさしさ、神の憐れみを現す"などを意味するギリシア語です。
そのため日本語では「慈しみの聖母」とも呼ばれるそうです。

聖母マリアの顔は、十字架上での御子イエスの死までをも見とどける
神の母としての憂いを帯びています。
しかし「お言葉どおり、この身になりますように。(ルカ福音書1:38)」という心を
そのまま写したような、穏やかな愛に満ちた、
従順な表情でもあると言われています。
また、母マリアの手は、イエス・キリストをわたしたちに紹介し、
キリストに対してとりなしを願っています。

御子イエス・キリストの様子は、どうでしょう。
すこし見えづらいかもしれませんが、聖母マリアの首もとに、
イエスの小さな左手が回されていることに、注目してみてください。
母の首に手を回して頬を寄せるイエスの姿から、
どのようなキリストの姿勢を感じることができるでしょうか。

人間である母マリアと、人間として生まれた御子イエスの愛の在り方が、
神であるイエス・キリストと
人間の代表であるマリアとの愛の関係をも表しているということ。
「神は愛です。」という新約聖書の言葉(ヨハネの手紙4:16)が、
目に見える形でこのように表現されているのです。

長い歴史を経て、なお愛され続ける、
美しいイコンの節々までじっくりと拝見しながら、
愛である神の偉大さを思いめぐらしましょう。
その沈思の時間こそが、甘美な祈りの時間と変えられていくはずです。

おすすめ商品


手帳シール

220円(税込)


キリスト教とは何か

1,100円(税込)


カレンダー

2020年10月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top