3月30日(木)から4月2日(日)まで棚卸のため、誠に勝手ながら休業させていただきます。何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

思い起こし、物語れ(上巻)〜マルコ福音書のメッセージ〜

マルコ福音書は、弟子たちが師の言葉を聞き、彼の行う出来事を見ながらなかなか理解できない様子を繰り返し物語る。
型番 522
販売価格 3,240円(税込)
購入数


※ 四旬節の黙想書

  • シルヴァノ・ファウスディ 著

  • 佐久間勤

  • 四六判 上製

  • 540ページ

  • ISBN978-4-7896-0522-9

  • Cコード:C0016

  • 女子パウロ会発行


マルコ福音書は、弟子たちが師の言葉を聞き、彼の行う出来事を見ながらなかなか理解できない様子を繰り返し物語る。

本書は、このマルコ福音書を一節づつ詳しく追いながら、弟子たちと同じように、少しづつ、少しづつ「自分の」信仰を深めていくように誘う。
神が行われたこと、「わたしのために」行われたことを思い起こすと、それは生き生きとよみがえり、「よいたより」として他の人々に伝達するよう物語らざるをえなくなる。
こうして信仰はつぎつぎと実現していくのである。

著者は言語現象学の専門家であるだけに、易しい言葉で的確に表現し、イエスと弟子たちとの親密な交わりを、臨場感をもって心にひびかせてくれる。
福音の理解から、祈りへ、実践へと導く書。

原書は一巻だが、邦訳では上下巻となる。上巻は、マルコ8章30節のペトロの「あなたは、メシアです。」という信仰告白まで。下巻は百人隊長の、「あなたは、神の子です」という信仰告白で完結することになる。

もくじ


はじめに
第一部
あなたは、メシアです

1.わたしよりも優れた方が、後から来られる
.あなたはわたしの愛する子
3.霊はイエスを荒れ野に送り出した
4.時は満ちた
5,わたしについてきなさい
6.黙れ
7.彼女は一同をもてなした
8.夕方になって
9.ほかの町や村へ行こう
10.よろしい、清くなれ
11.人の子は地上で罪をゆるす権威をもっている
12.わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪びとを招くためである
13.花婿が一緒にいる
14.人の子は安息日の主でもある
15.手を伸ばしなさい
16.群衆に押しつぶされないために、小舟を
17.自分のそばに置くため、また派遣するために、十二人を任命した
18.わたしの母、わたしの兄弟とはだれか
19.芽生え、育って、実を結び
20.すべてがたとえで示される
21.このたとえがわからないのか。では、どうしてほかのたとえが理解できるだろうか
22.何を聞いているかに注意しなさい
23.夜昼、寝起きしているうちに、種は芽を出して成長する
24.地上のどんな種よりも小さい
25.なぜ怖がるのか。まだ信じないのか
26.汚れた霊、この人から出ていけ
27.あなたの信仰があなたを救った
28.人々の不信仰に驚かれた
29.十二人を呼び寄せ、遣わすことにされた
30.遺体を引き取り、墓に納めた
31.あなたがただけで行きなさい
32.天を仰いで賛美の祈りを唱え、パンを裂いて、渡した
33.安心しなさい。わたしだ。恐れることはない
34.その心はわたしから遠く離れている
35.子どもたちのパンを取って、小犬にやってはいけない
36.「エッファタ」つまり「開け」
37.群衆がかわいそうだ
38.けっしてしるしは与えられない
39.ファリサイ派の人々のパン種とヘロデのパン種によく気をつけなさい
40.何か見えるか
41.それでは、あなたがたはわたしを何者だと言うのか

著者紹介


著者:
Silvano Fausti (シルヴァノ・ファウスティ)
イエズス会司祭
哲学・神学を学び、ミュンスター大学で哲学博士号を取得。
専門は言語現象学だが、同大学でも神学を教えた。
現在ミラノ郊外の、聖書研究や出版に携わるイエズス会の家に住み、社会の周辺に追いやられている人々の問題に取り組む仲間の家族的共同体にもかかわっている。
主な著書:
『神学的解釈学』『共同体がマルコ福音書を読む』『共同体がルカ福音書を読む』『神の子の自由と福音の真理』『わたしたちの時代の称賛』など。

訳者:
佐久間 勤(さくま つとむ)
イエズス会司祭
神学博士
現在、上智大学神学部助教授(旧約聖書学担当)
女子パウロ会からの訳書は、レイモンド・ブラウンの『キリストは近づいている』『キリストの復活』『聖霊降臨』などがある。

『思い起こし、物語れ(下巻)〜マルコ福音書のメッセージ〜』
Top