会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

新たな目で 新たな旅立ち

イタリア名門貴族・ボルゲーゼ家の末裔、アレッサンドラ公女の回心記。
型番 624
販売価格 1,620円(税込)
購入数



  • アレッサンドラ・ボルゲーゼ 著

  • 二田原阿里沙 訳

  • 四六判 上製

  • 228ページ

  • ISBN978-4-7896-0624-0

  • Cコード:C0023

  • 女子パウロ会発行


アレッサンドラは、ローマの最も古い名門貴族、ボルゲーゼ家の末裔。幸せな幼少期、苦渋に満ちた青春期を経て、アメリカへ留学、波乱に満ちた時期を過ごす。後、心にひそむ苦痛や恐れを消そうと世界を舞台にビジネスや文化振興の分野で活躍するが、根本的な解決を見いだすことができず、迷いつづけていたとき、旧友との偶然の再会を機に、信仰の世界へと導かれ、新しい境地に目覚めていく・・・。プリンセス・アレッサンドラの自叙伝風回心記。

初版発行:2007年1月25日

もくじ


    プロローグ

第1部 摂理の糸
    おとぎ話のような幼少期と、思秋期の初恋
    ビジネスに 遊びに 燃えた青春と、愛し合いつつも続けられなかった結婚生活
    経済の世界から芸術の世界へ
    父の死を機に、家族の歴史を振り返る

第2部 神への回帰こそ自由の道
    信じて、人生はさらに生き生きと愛すべきものに
    知れば知るほど、存在の奥底からのくつろぎが訪れる

第3部 新しい目でチャレンジする世界
    巡礼の地ルルドのインパクトと、聖母への想い
    教会に、カリスマはさまざまに花開く
    今、週刊誌記者として働くかたわら

    エピローグ
    訳者あとがき

著者紹介


著者:
アレッサンドラ・ボルゲーゼ(Alessandra Borghese)
1963年、ローマに生まれる。長年、文化方面で活躍してきたが、現在は週刊誌「Panorama」(パノラマ)のバチカン専門記者、日刊紙「Il Tempo」(イルテンポ)のコラム"Nobili principi"(ノビリ・プリンチーピ)の寄稿者としても活躍中。モンダドーリ社からNoblesse Obligeを出版。ノートル・ダム・ド・ルルド教会に巡礼する病弱者への奉仕活動も定期的に行っている。


訳者:
二田原阿里沙(にたはら ありさ)
1969年、イタリア・ミラノ市に生まれる。77年、帰国。
1992年、玉川大学文学部卒業後、95年1月まで、ナカ工業株式会社に勤務。
1995年6月から98年3月まで、国立シエナ外国人大学留学。
2000年6月から2006年3月まで、イタリア大使館文化部のイタリア文化会館に勤務。

著書:『ジプシ−』『16歳のギリシア巡礼記』『はじめてのイタリア語』がある。
Top