会員登録でお得なポイント 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

長崎のキリシタン

キリスト教の黄金時代から暗い迫害の時代を経て信仰の自由を克ちとるまでの長崎の信仰物語。
型番 4-88216-044-7
販売価格 540円(税込)
購入数



  • 片岡弥吉 著

  • 文庫本 並製

  • 204ページ

  • ISBN4-88216-044-7

  • Cコード:C0195

  • 聖母の騎士社


1549年8月15日、フランシスコ・ザビエルは鹿児島に上陸し、わが国に初めてキリスト教を伝えた。翌1550年、ザビエルは平戸に行き、1か月の滞在で100人の信者を増やした。こえれをきっかけに長崎全域にキリシタンが広がった。本書は、長崎のキリシタンがいかにして迫害、潜伏を経て信仰を守り抜いたかをわかりやすく解説している。

初版発行:1989年5月31日

もくじ


一、キリシタンの町と村
二、殉教の時代
三、潜伏の時代
四、信者発見
五、最後の迫害
六、迫害のあと

著者紹介


著者:片岡 弥吉(かたおか やきち)
1908年 長崎生まれ。
1929年 日本大学高師部地理歴史科卒。
1938年 純心高等女学校教諭。
1950年−1980年 純心短期大学教授。
1980年2月21日 死去。
主要著書に、「長崎の殉教者」、「浦上四番崩れ」、「ある明治の福祉像」(ド・ロ神父の生涯)、「日本キリシタン殉教史」などがある。
Top