〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

長崎のキリシタン

キリスト教の黄金時代から暗い迫害の時代を経て信仰の自由を克ちとるまでの長崎の信仰物語。
型番 4-88216-044-7
販売価格 550円(税込)
購入数


  • 片岡弥吉

  • 204ページ /文庫本 並製(ソフトカバー)

  • 聖母の騎士社 発行

  • ISBN4-88216-044-7 /Cコード:C0195


1549年8月15日、フランシスコ・ザビエルは鹿児島に上陸し、
わが国に初めてキリスト教を伝えた。
翌1550年、ザビエルは平戸に行き、
1か月の滞在で100人の信者を増やした。
これをきっかけに長崎全域にキリシタンが広がった。

本書は、長崎のキリシタンがいかにして
迫害、潜伏を経て信仰を守り抜いたかを
わかりやすく解説している。

初版発行:1989年5月31日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


一、キリシタンの町と村
二、殉教の時代
三、潜伏の時代
四、信者発見
五、最後の迫害
六、迫害のあと


著者紹介


片岡 弥吉(かたおか やきち)
1908年 長崎生まれ。
1929年 日本大学高師部地理歴史科卒。
1938年 純心高等女学校教諭。
1950年−1980年 純心短期大学教授。
1980年2月21日 死去。

関連商品


日本26聖人物語

550円(税込)


カレンダー

2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2022年2月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top