〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

イタリア人と母

モンテッソーリ教育法やフレーベル思想、アガッツィ姉妹の思想、宗教観から見た聖母マリアへの信心と教育法についての案内。
型番 978-4-8056-0471-7
販売価格 3,520円(税込)
購入数


  • 鈴木昌世 著

  • 248ページ /A5判 上製(ハードカバー)

  • サンパウロ 発行

  • ISBN978-4-8056-0471-7 /Cコード:C3037


<母性愛・教育者・聖母マリア>

イタリアの家庭教育──
つまり家族観、母親観、子ども観、結婚観を紹介する時には、
カトリックの信仰と伝統を理解しなければならない。

本書では、幼児教育においては
モンテッソーリ教育法やフレーベル思想、アガッツィ姉妹の思想、
宗教観から見た聖母マリアへの信心と教育法について、
参考文献と注を通し案内している。

初版発行:2009年3月30日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


推薦のことば

序章

第一部 イタリアの母親観を支えるカトリックの伝統
 第一章 イタリアにおける伝統的な母親観とその新たな展開
 第二章 イタリアの育児観を支える思想的背景―結婚準備教育とイタリア法制に注目して

第二部 普遍的な母性原理とイタリアの子ども観の系譜
 第三章 イタリアにおけるフレーベル思想の母性原理受容の拝啓
 第四章 アガッツィ法の理想の保育者像
 第五章 イタリアにおける聖母マリアの教育的存在
     ──範型としてのシンボルの果たす教育的役割

結章

謝辞
参考文献一覧


著者紹介


鈴木昌世(すずき まさよ)
10年間の幼稚園教諭を経て、金城学院大学大学院終了。
上智大学大学院にて教育学博士。
現在、和歌山信愛女子短期大学保育科准教授。

著書:
『教育学21の問い』(共著)、福村出版。

カレンダー

2023年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
2023年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top