〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

死域にもどる アルファもオメガも 隠修士最後の対談

日本的霊性を探りながら、仏教とキリスト教との間(はざま)にあるものを追求していく。
型番 978-4-902211-49-8
販売価格 1,870円(税込)
購入数


  • 藤原直達 編著

  • 226ページ /A5判 並製(ソフトカバー)

  • 教友社 発行

  • ISBN978-4-902211-49-8 /Cコード:C3016


故・田中輝義隠修士との対話を、
藤原師がまとめた『ナムの道もアーメンの道も』の続編。

日本的霊性を探りながら、
仏教とキリスト教との間(はざま)にあるものを追求していく。

初版発行:2009年7月20日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


はじめに

第一講話 薔薇と蓮
1 ラウレンシオと盤珪
  1.ラウレンシオのこと
  2.盤珪禅師のこと
  3.二人の宗教者

2 内面の過ぎ越し
  1.出てくること、入っていくこと
  2.ゼロ・空無の境地(仏心の中にいる)
  3.近道・絶対他力への委託

第二講話 同じ中心から
1 人間の本来性と呼応性
2 ロゴス・インマヌエルと法性法身
3 いのちの回路
4 いのちの回路の中・三つの味わい
5 合掌心「行」と限りない光
6 明暗 暗闇へほうり出された存在
7 下降の道 明へ帰入していく道
8 合掌心の転入先は

第三講話 意識の神秘
1 意識の全体像
2 死域について
3 全体的な図表

第四講話 付録『ナムの道もアーメンの道も』(私家版)の出版後
1 田中輝義神父のこと
2 病室に見舞って

おわりに


著者紹介


藤原直達(ふじわら なおさと)
1944年 大阪市に生まれる。上智大学卒。哲学・神学修士。
1973年 カトリック大阪教区司祭として叙階。
「心のいほり 内観瞑想センター」所長。
隔週に、各地で一週間の「キリスト者のための内観瞑想」を同行。

主な著書:
『東西のはざまで』(1998年)、『キリスト者のための内観瞑想へのすすめ』(2000年、改訂版2005年)、『心の内なる旅』(2002年)(以上、内観瞑想センター取り扱い)、『ナムの道もアーメンの道も―ある隠修士との対話』(2007年)、『大乗起信論とアヴィラの聖テレサ 心の深海の景色』(2009年)(以上、教友社刊)

カレンダー

2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top