〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

正教会の暦で読む 毎日の福音

聖書によって信仰生活を見直す道しるべに──東方正教会の伝統と霊性に立ちつつ、四福音書を説き明かす。
典礼暦にしたがって綴られた全354話を収録。
型番 978-4-907991-68-5
販売価格 3,960円(税込)
購入数


  • 府主教 イラリオン・アルフェエフ 著 /修道司祭ニコライ 小野成信 訳

  • 576ページ /A5判 並製(ソフトカバー)

  • 教友社 発行

  • ISBN978-4-902211-68-5 /Cコード:C3016


聖書によって信仰生活を見直す道しるべに──
ロシア正教会の府主教であり、
指導的神学者の一人である著者による福音書の解説。

東方正教会の伝統と霊性に立ちつつ、四福音書を説き明かす。
典礼暦にしたがって綴られた全354話を収録。

福音書は、あらゆるキリスト教徒にとって、信仰生活の基盤です。
毎日福音書を手に取ろうと努めている信者の方も多いと思います。
本書は、題名にもあるとおり、
正教の教会歴にしたがって毎日福音書を読む一助となるべく著されたものです。
──訳者あとがきより

2021年3月15日 初版発行

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



目次


凡例

税吏ザクヘイ (五旬祭後第32主日、ルカ19章1-10節)
「皇帝のものは皇帝に」 (第33週間の月曜日、マルコ13-17節)
救主とサッドゥケイびととの会話 (第33週間の火曜日、マルコ12章13-17節)
「第一の戒名は?」 (第33週間の水曜日、マルコ12章28-37節)
ニレプタを献げた寡婦 (第33週間の木曜日、マルコ12章38-44節)
不正な裁判官のたとえ (第33週間の土曜日、ルカ18章2-8節)
税吏とファリセイ派のたとえ話し (五旬祭後第33・税吏及びファリセイの主日、ルカ18章10-14節)
世の終わりのしるし (第34週間の月曜日、マルコ13章9-13節)
世の終わりのしるし(続き) (第34週間の火曜日、マルコ13章14-23節)
世の終わりのしるし(続き2) (第34週間の水曜日、マルコ13章24-31節)
儆醒祈祷せよ (第34週間の水曜日、マルコ13章31-14章2節)
重い皮膚病を患うシモンの家でのイイスス (第34週間の金曜日、マルコ14章3-9節)
律法学者への非難、やもめの献金 (第34週間の土曜日、ルカ20章45節-21章4節)
(略)
・・・・・・

訳者あとがき

新約聖書書名対照表
旧約聖書書名対照表
日本正教会固有名詞表記対照表
福音朗読箇所索引


著者・訳者紹介


著者:府主教 イラリオン・アルフェエフ
博士(オックスフォード大学)。
神学者、作曲家。
ロシア正教会生涯局長、聖シノド常任委員。
聖キリル及びメフォディイ神学大学院学長。
教父学、教理神学、教会史、神学教育問題に関する多数の著作がある。
邦訳に『信仰の機密』(東京復活大聖堂教会)、『祈りについて』(教友社)。

訳者:修道司祭ニコライ 小野成信(おの・しげのぶ)
1989年東京都生まれ。京都大学法学部卒業。
ロシア正教会聖キリル及びメフォディイ神学大学院(モスクワ)博士(カンディダート)課程修了。
博士(神学)(カンディダート・ボゴスロヴィヤ)。
同大学院在学中、修道輔祭(2013年)、修道司祭(2017年)に叙聖される。
2018年より、ロシア正教会駐日代表部(ポドヴォリエ)付司祭。

カレンダー

2021年4月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2021年5月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top