〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

主日の福音を生きる[A年]―日々の生活をみことばとともに―

待降節第1主日から始まるA年に中心的に読まれるマタイ福音書に光をあてる。
型番 978-4-8056-3922-1
販売価格 1,320円(税込)
購入数


  • レナト・フィリピーニ
    水がめを運ぶ七人の信徒 共著

  • 148頁 /B6判 並製(ソフトカバー)

  • サンパウロ 発行

  • ISBN978-4-8056-3922-1 /Cコード:C0016


『主日の福音を生きる』は2019年に〔C年〕版、2020年に〔B年〕版が発行されたが、本書はそれらに続く〔A年〕版である。
主日(日曜日)のミサでは、福音書がA年、B年、C年の三つに分けられ、それらが3年周期で読まれる。
今年の待降節の主日(11月27日)からは、マタイ福音書を中心にA年が読まれる。
本書は宣教師のレナト神父が、7人の信徒と共にA年用に執筆したものである。
毎日曜日に読まれる福音を日々の生活の中で、どのように味わい、生き、証ししていくことができるのか、福音に支えられた一週間を過ごすための道案内の書になっている。

初版発行:2022年11月1日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


序 文
典礼暦(A年)

待降節
待降節第1主日
待降節第2主日
待降節第3主日
待降節第4主日

降誕節
主の降誕(夜)
主の降誕(日中)
聖家族
神の母聖マリア
主の公現
主の洗礼

年間1(降誕節後)
年間第2主日
年間第3主日
年間第4主日
年間第5主日
年間第6主日
年間第7主日

四旬節
灰の水曜日
四旬節第1主日
四旬節第2主日
四旬節第3主日
四旬節第4主日
四旬節第5主日
受難の主日(枝の主日)

復活節
復活の主日(夜)
復活の主日(日中)
復活節第2主日
復活節第3主日
復活節第4主日
復活節第5主日
復活節第6主日
主の昇天
聖霊降臨の主日

年間2(復活節後)
三位一体の主日
キリストの聖体
年間第11主日
年間第12主日
年間第13主日
年間第14主日
年間第15主日
年間第16主日
年間第17主日
年間第18主日
主の変容
年間第19主日
年間第20主日
年間第21主日
年間第22主日
年間第23主日
年間第24主日
年間第25主日
年間第26主日
年間第27主日
年間第28主日
年間第29主日
年間第30主日
年間第31主日
年間第32主日
年間第33主日
王であるキリスト


著者紹介


レナト・フィリピーニ (Renato Filippini)
1970年 北イタリア・ゲーディ出身。
1990年 「聖ザベリオ宣教会」入会。
1992年 アメリカ・シカゴにあるCatholic Theological Union(神学専攻)修了。
1997年 聖書学修士号取得。司祭叙階。同年に来日後、鹿児島教区・福岡教区・高松教区で司牧。
2017年2月 ローマの教皇庁立サレジオ大学で司牧神学を研修(信仰教育専攻)、修士号修得。
現在 カトリック玉名教会・荒尾教会(福岡教区)主任司祭。

著書・訳書:
『イエスの教えてくれた祈り「主の祈り」を現代的視点から』(カルロ・マリア・マルティーニ著/篠崎榮共訳)、
『イエスとの出会い―その喜びを味わう』Lectio Divina Series 1
『詩編を祈る―人間の経験から生まれる詩』Lectio Divina Series 2
『日々の暮らしの中で―信仰を育て実践する』Lectio Divina Series 3(以上、教友社)、
『聖週間を生きる―毎日の黙想:受難と復活節の人物とともに』(女子パウロ会)、
『主日の福音を生きる[C年]―日々の生活をみことばとともに―』、
『主日の福音を生きる[B年]―日々の生活をみことばとともに―』(サンパウロ)。

おすすめ商品


プレゼピオ 89871

7,700円(税込)


聖家族 89697

5,674円(税込)


カレンダー

2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top