〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

聖パウロ〜その心の遍歴〜

「キリストに捕らえられたから、私も彼を捕らえようと、身を乗り出して、ひたすら前進する。」パウロの波乱に満ちた生涯と心を、数多の写真と資料で丁寧に追った伝記。
型番 457
販売価格 3,300円(税込)
SOLD OUT


  • 和田幹男

  • A5判 上製

  • 352ページ

  • ISBN978-4-7896-0457-4

  • Cコード:C0016

  • 女子パウロ会発行


※聖パウロ関連

キリストとの出会いが1人の男性の生涯を変えた!

編集室の「窓」から
日本人として、今、自分がキリスト者であること、
それはパウロなしには考えられなかったこと、なのですよね。
教会を迫害しようと、ダマスコに向かっていたあの若者に、いったい何が起こったのか。
キリストに捕えられてキリストの熱愛者となり、
自分もキリストを捕らえようと、身を乗り出して、前進つづけるパウロ。
福音の前には民族も国境もなく、
「この一人」のためにイエスは十字架にかかってくださった……
それなら……最も弱いこの一人のために、最も弱い人のようになり、
いのちを賭けるべきではないか。
新約聖書のなかの「パウロの」と言われる手紙を読むと、
ほんとうに彼がどれほどキリストと、人間とに夢中で仕えようとしたかが伝わってきます。
著者の和田神父さまは、聖書学者としての綿密な検証をもとに、
聖パウロの生涯を生き生きと私たちの前に再現してくださいます。……

ちょっと大きな本で350ページもあるのですが、
易しい文章なので、多くのかたに読んでいただいて、
聖パウロに、それから主キリストに、ますます夢中になっていただければ。

全国学校図書館協議会選定図書。


もくじ


第1部 福音宣教に派遣されるまで
生まれと育ち
ダマスコ途上の出来事
キリスト教徒となった直後のパウロ
アンティオキアにおけるパルロ

第2部 はじめての福音宣教旅行
キプロス島へ
小アジアの内陸部へ

第3部 ギリシアにおける福音宣教
山を越え、海を渡り
マケドニア州のフィリピにて
マケドニア州のテサロニケにて
アテネにおけるパウロ
アカイア州のコリントにおけるパウロ

第4部 異邦人に開かれた福音へ
エルサレムにおける使徒会議
アンティオキアの事件

第5部 円熟期のパウロ
新たに実り豊かな旅に出る
エフェソにおけるパウロ
コリントの教会とパウロ
ガラテヤの教会とパウロ
ローマ信徒への手紙
コリントからエルサレムへ

第6部 「縛られ」のパウロ
エルサレムにおける「縛られ」のパウロ
カイサリアにおけるパウロ
ローマへの護送の旅
ローマにおける奉献の締めくくり


著者紹介


和田 幹男(わだ みきお)
1938年 神戸に生まれる
1963年 上智大学大学院哲学研究科卒
1967年 ローマ、ウルバノ大学大学院神学部博士過程修了
1971年 ローマ教皇庁立聖書研究所聖書学部修士過程修了
現在 大阪カトリック大司教区司祭、英知大学教授、
同志社大学・ノートルダム清心女子大学嘱託講師。
1972年〜1987年、『聖書新共同訳』(日本聖書協会、1987年刊)翻訳兼編集委員。
主な著書:
『私たちにとって聖書とは何なのか』,『聖書Q&A』,『聖書年表・聖書地図』(女子パウロ会)『創世紀を読む』(筑摩書房)『新共同訳旧約聖書注解』の1、2、3を共編共著。『新共同訳聖書辞典』共同監修。


──女子パウロ会公式サイトLaudateより──
【使徒聖パウロとは】
<パウロはイスラエル以外の新しい地の人々に
 宣教したことから、「異邦人の使徒」と呼ばれる。>
→聖人カレンダー「6月29日 聖パウロ使徒」 →聖人カレンダー「1月25日 聖パウロの回心」
→キリスト教マメ知識「トレ・フォンターネ」(使徒聖パウロ殉教の地)
聖パウロへの祈り▽
→祈りのひととき「聖パウロへの祈り」 →「週の祈り(月)聖パウロに向かう祈り」
→「使徒パウロに向かう祈り」 →「聖パウロの連願」
マメ知識:
当サイトを運営している女子パウロ会(聖パウロ女子修道会)の
「聖パウロ」は、こちらの聖パウロの名前をいただいております。

関連商品


パウロの信仰告白

1,430円(税込)


カレンダー

2020年9月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
2020年10月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top