8月11日(金)から8月20日(日)まで夏季休業期間とさせていただきます。お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

十字を切る

あなたを救う、最短最強の祈りのすべて。
型番 716
販売価格 1,404円(税込)
購入数



  • 晴佐久昌英

  • 四六判 並製

  • 218ページ

  • ISBN978-4-7896-0716-2

  • Cコード:C0016

  • 女子パウロ会発行



※店長のプレゼントのすすめ

さあ、十字を切りましょう。
クリスチャンが、「父と子と聖霊のみ名によって。アーメン」と、わが身に刻む十字のしるし。
あなたを救う、最短最強の祈りのすべてを解き明かす。

初版発行:2012年10月25日

もくじ


はじめに
十字の祈りとは
十字の切り方
十字を切るのはこんなとき
 生まれて初めて切るとき
 祈りの前後に付け加えるとき
 ミサのとき
 聖堂に入るとき、出るとき
 起きたとき、寝るとき
 食事のとき
 車に乗るとき
 仕事のとき
 試合や試験、本番のとき
 感動のとき
 気持ちを切り替えるとき
 病気のとき
 苦しいとき、死にたいとき
 生涯の最後のとき
「父と」―親の愛によって子を生む天の父
「子と」―親の愛によって生まれた神の子
「聖霊の」―親子を結ぶ親心
「み名によって」―父と子と聖霊の交わりに入る
「アーメン」―まことの親への全面的な同意
十字架と復活
今ここを天国に
おわりに


著者紹介


著者:
晴佐久昌英(はれさく まさひで)
1957年、東京生まれ。上智大学神学部卒。
1987年、東京教区司祭になる。現在、カトリック多摩教会主任司祭。
主著書に、『星言葉』『だいじょうぶだよ』『生きるためのひとこと』(女子パウロ会)、『あなたに話したい』『希望はここにある』『わたしは救われた』『ようこそ天の国へ』(教友社)、『福音宣言』(オリエンス宗教研究所)、『天国の窓』(サンパウロ)などがある。
Top