〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

平和の使徒 永井隆のことば

永井隆は、結核の透視診断を続けて被ばくし、さらには原子爆弾でも被爆し、放射線を使用することの人道性と非人道性とを我がこととして深く体験した医師であった。 晩年の著作群に残された博士の魂のことばを、博士自身が描いた絵とともに収めた。
型番 978-4-8056-7809-1
販売価格 825円(税込)
購入数


  • 永井隆 絵・文 /サンパウロ 編集

  • 84ページ /B6判 並製

  • サンパウロ 発行

  • ISBN978-4-8056-7809-1 /Cコード:C0016


NHKの朝ドラ「エール」にも登場した永井隆は、
結核の透視診断を続けて被ばくし、
さらには原子爆弾でも被爆し、
放射線を使用することの人道性と非人道性とを
我がこととして深く体験した医師であった。

本書は、晩年の著作群に残された博士の魂のことばを、
博士自身が描いた絵とともに収めたものである。

これからの未来を担う小学校高学年以上の子どもたち、
中・高生や大人の方々に広くおすすめしたい一冊である。

初版発行:2020年12月25日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


一人一人の人間の生命の尊さ
影のない無一物の丘となって
戦争をやめろ!
骨と共に泣きながら
長崎の鐘
花が咲いてるよ
武器は守る道具ではなくて、自らを滅ぼす道具
原子爆弾を使おうとたくらむ人の心
平和の墓
平和を!
憲法において戦争をしない
心に受けた傷
新しい大きな望み
愛というもの
しっぽもひと役
苦しみを通してわがものとせよ
夢を追う人生
自信と勇気
どん底に大地あり
幼いカヤノ
己の如く……人を愛す


著者紹介


永井 隆(ながい たかし)
1908年 島根県松江市に誕生。
1932年 長崎医科大学(現長崎大学医学部)を卒業し、 放射線専門医となる。
1945年 原子爆弾により被爆し、 三ツ山で救助活動を行う。
1948年 如己堂に移り住む。
1949年 『長崎の鐘』出版。
1951年 帰天、 43歳。

著書
『この子を残して』『ロザリオの鎖』『亡びぬものを』『生命の河』『長崎の鐘』
『花咲く丘』『原子雲の下に生きて』『いとし子よ』『如己堂随筆』『乙女峠』
『私たちは長崎にいた』『原子爆弾救護報告』『村医』『平和塔』『長崎の花』
『原子野録音』『新しき朝』など。

カレンダー

2021年4月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2021年5月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top