〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

「南無アッバ」に生きる 井上洋治神父の言葉に出会う

井上アッバ神学をめぐる18年間「風」誌連載の集大成。
型番 978-4-88216-381-7
販売価格 660円(税込)
購入数


  • 平田栄一

  • 183ページ /A6判 並製

  • 聖母の騎士社 発行

  • ISBN978-4-88216-381-7 /Cコード:C0116


長年師事してきた井上神父が最後に到達した
「南無アッバ」の境地、祈りをめぐって、
前三冊以上に私自身の問題意識にそって
正直な考察を試みたつもりです。
・・・・・・
少しでも多くのキリスト者、求道者そして日本人が
自然体で、ご自身の心の琴線に響くイエスさまのお顔(神観)を
求めるきっかけともなれば、著者として幸甚の至りです。
──「あとがき」より

初版発行:2020年12月3日

※この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
 また、お取り寄せに1〜3週間ほどかかります。
 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。



もくじ


南無アッバの祈り
 風の家の祈り(一)
 風の家の祈り(二)

一 「南無アッバ」の由来
 ○「南無アッバ」の誕生
 ○四半世紀前の「南無アバ」
 ○「南無アッバ」西と東

二 日本語の信仰告白

三 信じるという行為

四 どう祈るか

五 父なしには落ちない

六 人生マラソン
 ○折り返し地点
 ○パウロの現代化
 ○お借りしたものを返す
 ○人生の意味
 ○完成のとき

七 あの頃

八 井上神学と青野神学
 ○アッバ神学とパウロ主義
 ○青野神学との出会い
 ○母性的福音理解
 ○イエスの十字架と死
 ○イエスの赦し宣言と贖罪死
 ○日本人の感性
 ○二つの神学のベクトル

九 十字架をめぐって
 ○井上アッバ神学の十字架
 ○赦しの晩餐
 ○「赦し」とは「見捨てない」こと
 ○全裸のイエス
 ○十字架と共に
 ○イエス最期の叫び
 ○罪人イエスとともに
 ○神中心主義
 ○「水晶」から「窓ガラス」へ
 ○お守り札の効用

一〇 「南無アッバ」とアッバ讃句
 ○ふきあがる詩心
 ○自然の祈りが聞こえる
 ○「南無アッバ」への収れん
 ○井上神父の投句
 ○福音のなかの自然の祈り
 ○アッバ讃句に励まされる
 ○日本人の讃美歌
 ○南無アッバ「に」ゆだねる

あとがき


著者紹介


平田栄一(ひらた えいいち)
1955年埼玉県生まれ。慶應義塾大学商学部卒。
埼玉県立白岡高等学校地歴公民科教諭。
カトリック俳人、求道俳句誌「余白の風」主宰。
井上洋治神父の「風の家」運動を引き継ぎ、
毎月「南無アッバ」の集いと講座を続けている。
1990年層雲新人賞ほか。

著書:『俳句でキリスト教』(サンパウロ)、
『雨音のなかに』、『人の思いをこえて』(ヨルダン社)、
『「南無アッバ」への道』『すべてはアッバの御手に』
『心の琴線に触れるイエス』(聖母の騎士社)など。

→井上洋治神父の「風の家運動」を引き継ぐ平田栄一のブログ:「南無アッバ」を生きる

カレンダー

2021年4月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2021年5月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top