〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

社会の中で虐げられている人たちから学んだ――タグレ枢機卿の人生、そして希望――

教皇フランシスコのスタイルに最も近いと言われている枢機卿のインタビュー記事。
型番 978-4-8056-3920-7
販売価格 1,980円(税込)
購入数



  • 著:ルイス・アントニオ・ゴキム・タグレ枢機卿

  • インタビュアー:ジェローラモ・ファッツィーニ、ロレンツォ・ファッツィーニ

  • 訳:古川 学

  • 212頁 /B6判 並製

  • ISBN978-4-8056-3920-7/Cコード:C0016

  • サンパウロ 発行


  • 教皇フランシスコが選出された2013年のコンクラーベ(教皇選挙)によって、世界中にその名が知られるようになったタグレ枢機卿。彼の話は、なぜ人の心を打つのか。彼は、車も持たず、人に会うためにバスで外出し、華美な服装を求めず、ごく普通の平服を好む。本書は、教皇フランシスコのスタイルに最も近い枢機卿と言われ、現ローマ教皇庁福音宣教省長官を務めるルイス・アントニオ・ゴキム・タグレ枢機卿になされたインタビュー記事である。

    初版発行:2022年5月2日

    ※ この書籍はお取り寄せのため、ご注文後のキャンセルはできません。
     また、お取り寄せに1週間から2週間ほどかかります。 他の商品を合わせてご注文なさる場合、発送が遅くなりますのでご注意ください。


    ●目次
    本書について  前田万葉(大阪大司教区大司教 枢機卿)
    発刊に寄せて  エドガル・ガクタン(仙台教区司教)
    はじめに
    1 庶民の子
    2 医学から司祭へ
    3 貧しい人たちから学ぶ
    4 神学への思い
    5 マニラ、フィリピン
    6 アジアの現在、そしてこれから
    7 エコロジーと『ラウダート・シ』
    8 おわりに

    【著者紹介】
    ルイス・アントニオ・ゴキム・タグレ枢機卿
    1957年生まれ。
    枢機卿、教皇庁福音宣教省長官、教皇庁立ウルバノ大学総長、前マニラ大司教。
    著名な神学者で元国際神学委員会メンバー。
    国際カリタス総裁、カトリック聖書連盟総裁。

カレンダー

2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2022年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top