〈ユーザー会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍! 〈お買い上げ時には、ログインすることをお忘れなく!〉

キリスト教とは何か6 死を越えるもの

電子書籍対応 粕谷甲一講話集第六巻。いのちの始めも終わりも神秘である。今を生き生きと生きることこそ死を越えていくいのちとなる。しかしそれをも奪われたとき、何が残るのか──。
型番 777
販売価格 1,320円(税込)
購入数


  • 粕谷甲一

  • 216ページ /新書判 並製(ソフトカバー)

  • 女子パウロ会 発行

  • ISBN978-4-7896-0777-3 /Cコード:C0016

電子書籍対応書店:
ebookjapan kinoppy Kindleストア COCORO BOOKS セブンネットショッピング
dブック どこでも読書 ひかりTVブック ブックパス BookLive! BOOK☆WALKER
honto mibon ReaderStore 楽天Kobo やまだ書店 yodobashi.com


粕谷甲一講話集第六巻。

いのちの始めも終わりも神秘である。
今を生き生きと生きることこそ死を越えていくいのちとなる。
しかしそれをも奪われたとき、何が残るのか──。
いのちとは、生きる意味とは、について考える。

初版発行:2016年10月1日


もくじ


第一章 死を越えるもの──ヘドロと真珠
はじめに
 1.幸せ
 2.不幸
 3.愛する人との別離
 4.再会の確かさ

第二章 冬よ、冬よ──待降節の輝き
はじめに
 1.今の若い人の気持ち
 2.人間の原型とその筋道
 3.“イズム”では現代人の心に響かない
 4.「イエスさまでないといけないの?」
 5.アプローチがうまく作動していない

第三章 小さな火種の歴史──多宗教と多教派の一起点
 1.神のドア・ノック
 2.諸宗教の中のキリスト教
 3.キリスト教の教派
 4.不協和音を包容する“寛大さ”
 5.ルター派とカルヴァン派の主張
 6.三人のキリスト教文学者たち

第四章 音とことばのきらめき──水と人と神さまと
はじめに
 1.“自己実現”への出発
 2.人生の逆転劇
 3.“しばり”をどう乗り越えるか
 4.仕えながら待つ

第五章 復活の輝き──一アルコール依存症司祭の証言
 1.福音の核心
 2.何気なく飲んだ一杯の酒
 3.ジョン神父との出会い
 4.カトリックの信仰を棚上げにして
 5.本物に近づく一段階
 6.自分の全現実を受け入れ、委ねる心
 7.回心は生活の決意が伴う
 8.苦しみを通じて示された神の愛の記録

第六章 めざまされて、めざす旅路に──野麦峠越え前後
 1.愛とは決して切り捨てないこと
 2.娘たちの山越え
 3.悲惨を悲惨と感じなくなったとき
 4.地上には涙が残る
 5.希望と絶望の峠を越えて
 6.めざす旅路

第七章 少年問題と老人問題──帰天した娘への感謝
 1.“ビ・モンタント”運動
 2.少年にハンマーを振るわれ、命を失った娘
 3.攻撃衝動を抑制できない子どもたち
 4.失われた!“三つ子の魂”の教訓
 5.あそこまで、止められなかったA少年の暴発
 6.いのちの始めも終わりも神のたまもの
 7.主のみ手に届く日まで


著者紹介


粕谷甲一(かすや こういち)
東京教区司祭。
1923年インド、コルカタ市に生まれる。
1944年受洗。
1950年東京カトリック神学院入学。
1951年インスブルックに留学。
1957年スイスにて叙階。
1959年帰国。アリの町教会で司牧。
1961年真生会館館長。カトリック学生連盟指導司祭。
1967〜1982年青年海外協力隊勤務。
1995年〜NPO法人「芝の会」理事長。
2011年2月帰天。


粕谷甲一 キリスト教とは何かシリーズ【全10巻】好評発売中

粕谷甲一神父『キリスト教とは何か』シリーズ:
1.復活の秘義をめぐって
2.救われるのは誰か
3.どこでトランペットは鳴ったか
4.神よ あなたも苦しまれるか
5.ゆれ動く日本人の心
6.死を越えるもの
7.殉教ところびを越えて
8.新しい霊性を求めて
9.混迷の闇を越えて
10.どん底こそ希望の起点

カレンダー

2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 定休日   臨時休業 
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top