〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

キリスト教とは何か9 混迷の闇を越えて

電子書籍対応 粕谷甲一講話集第九巻。悪霊とは、その人を苦しめ、周りの人々をも苦しめる正体不明の負の力の働きである。
型番 789
販売価格 1,320円(税込)
購入数


  • 粕谷甲一

  • 208ページ /新書判 並製(ソフトカバー)

  • 女子パウロ会 発行

  • ISBN978-4-7896-0789-6 /Cコード:C0016

電子書籍対応書店:

ebookjapan kinoppy Kindleストア COCORO BOOKS セブンネットショッピング
dブック どこでも読書 ひかりTVブック ブックパス BookLive! BOOK☆WALKER
honto mibon ReaderStore 楽天Kobo やまだ書店 yodobashi.com



悪霊とは、その人を苦しめ、
周りの人々をも苦しめる正体不明の負の力の働きである。
慰めのことばでもなく、医学的治療だけでもない、
魂の癒しに導く光はどこにあるか。
──本文より

粕谷甲一講話集第九巻。

混迷する競争社会の中で、心が砕け、人間関係がもつれ、
悪霊が働いて熾烈な内戦が続き、
毎日、四十代、五十代の男性が死んでいく。
こういう人たちにどのような態度をとったらいいのか。

初版発行:2017年10月1日


もくじ


第一章 ひびき合うもの──時と心の間に
 1. 終末についての聖書の教え
 2. 遺伝と環境の支配を越えるもの
 3. 二つの通り魔事件から
 4. 五感で確かめられない世界
 5. 心の中でひびき合ういのちの鼓動
 6. 「箱と中身」

第二章 新世紀を前にして──見えてきた前進方向
 1. 寛容の精神の大切さ
 2. 五色沼の一時間の思い出
 3. 異教を取り入れながら
 4. ラーナーは迷路を開拓し、マザーは実行によって道を示す
 5. 日本の中にあるグッド・ハート
 6. 独り立つ勇気を

第三章 混迷の闇を越えて──年頭所感
 1. 悪霊とは何か
 2. 増加する四十。五十代の男性の自殺
 3. 日本全体が求めている「暗室の憩い」
 4. “ギャルママ”の激増
 5. 上からの光のぬくもり

第四章 聖母マリア──日本の混迷を照らす光
   はじめに
 1. 目に見えない悪との戦い
 2. 天に通じる「暁の星」の光
 3. 超越との出会い
 4. キリスト教と仏教との通じ合い
 5. 紫式部に見る日本女性の霊性
 6. 無原罪の聖母と呼ばれるのは

第五章 視界ゼロの発進と前進の支え──時と自由の流れの中で
 1. 視界ゼロの中で
 2. 日々の生き方が永遠に通じる
 3. 原因不明の促し
 4. 立派な家に住んでいながらホームレスが多い
 5. 目からウロコが落ちるとき
 6. 三つの国の体験

第六章 聖なる教会と罪人の教会──ヨハネ・パウロ二世の「謝罪宣言」をめぐって
 1. ヨハネ・パウロ二世の「謝罪宣言」
 2. 教会の未解決問題
 3. ホイベルス師の日本の教会への二つの心配
 4. 植民地的宣教の歴史
 5. 「罪人の教会」の罪を一人ひとり受けとめる
 6. 「記憶の聖化」から「回心と和解」へ

第七章 天と地と教会と──光と闇の交わりの流れの中に
 1. 地上を旅する巡礼の教会
 2. 罪を負って地上をさまようお遍路
 3. 清めの途上にある教会
 4. 教会の誕生
 5. さまざまな人の弟子づくり
 6. 聖体の秘跡の場づくり
 7. 「タリタ・クム」──日々の巡礼の出発
 8. 巡礼の歌──「風に立つライオン」


著者紹介


粕谷甲一(かすや こういち)
東京教区司祭。
1923年インド、コルカタ市に生まれる。
1944年受洗。
1950年東京カトリック神学院入学。
1951年インスブルックに留学。
1957年スイスにて叙階。
1959年帰国。アリの町教会で司牧。
1961年真生会館館長。カトリック学生連盟指導司祭。
1967〜1982年青年海外協力隊勤務。
1995年〜NPO法人「芝の会」理事長。
2011年2月帰天。


粕谷甲一 キリスト教とは何かシリーズ【全10巻】好評発売中

粕谷甲一神父『キリスト教とは何か』シリーズ:
1.復活の秘義をめぐって
2.救われるのは誰か
3.どこでトランペットは鳴ったか
4.神よ あなたも苦しまれるか
5.ゆれ動く日本人の心
6.死を越えるもの
7.殉教ところびを越えて
8.新しい霊性を求めて
9.混迷の闇を越えて
10.どん底こそ希望の起点

カレンダー

2021年5月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2021年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top