〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

ともにあり続けること

マザー・テレサの生き方に共鳴し、在宅ホスピスのパイオニアとしてがん患者さんとともにあり続ける一臨床医。一人ひとりのいのちに寄り添う大切さを教えてくれる書。
型番 799
販売価格 1,080円(税込)
購入数



  • 堂園晴彦 著

  • B6判 並製

  • 104ページ

  • ISBN978-4-7896-0799-5

  • Cコード:C0047

  • 女子パウロ会発行



二十一世紀は命の時代、つまり人間が人間に寄り添うことでお互いが救われるのに気がつく時代です。
人間が人間に寄り添うとは、相手に対する「気配り」と「手助け」です。 (――本文より)

マザー・テレサの生き方に共鳴し、在宅ホスピスのパイオニアとして
がん患者さんとともにあり続ける一臨床医。
一人ひとりのいのちに寄り添う大切さを教えてくれる書。

女子パウロ会公式サイト Laudate "シスターのお薦め"  新刊のご案内はこちらより⇒★★★

初版発行:2018年12月20日

もくじ


戸を開けて春風にそよごうよ

第1章 患者さんの五感から学ぶ

   生活臨床とは、ともにある医療
    ―香り(鼻)― 「おばあちゃんは天使になった」
    ―光(目)―  光りのバトンタッチ
    ―味(口)―  いのちを吹き込んだ食感
    ―恋愛(人生)―死を超えた愛
    ―雰囲気(肌)―
      弔辞
      勇者の魂

第2章 思いは時空を超えて

   星に導かれた最後の航海
   異国の丘で
   患者とわたし
   温故知新
   お見舞いの作法
   風邪は万病予防の元?
   「別れの時に」
   忘れられない一冊の童話
   「明日はどっちだ」
    わたしの段平親父―日吉 眞夫さんにささぐ
   祈り

第3章 マザー・テレサへの道

   はじめに
   コルカタの風景
   ボランティア活動の体験
   傷つくまで与えなさい
   「手の温もりとおもてなし」の医療
   それでも とにかく

第4章 明日に架ける橋

   二十一世紀の社会保険―医療と福祉が寄り添うために
   良医を育てるシステム作りを早急に
   明日に架ける橋、二十一世紀に目指す医療

春はまた巡ってくる

著者紹介


著者:
堂園晴彦(どうぞの はるひこ)
1952年鹿児島生まれ。医学博士。東京慈恵医科大学卒業。
国立がんセンターレジデント、慈恵会医科大学講師、鹿児島大学医学部講師を経て、
1991年在宅ホスピスを先駆的に開始。1996年「堂園メディカルハウス」を開業。
全国で初の有床診療所でのホスピス医療を開始。
2013年病棟を廃止し、現在は人生科外来を開設して色々の相談に対応している。
大学時代は演劇実験室「天井桟敷」に在籍。
著書に『それぞれの風景』、絵本『水平線の向こうから』がある。

カレンダー

2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2019年1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 有料写真貸し出しサイト
  • 書店様専用サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
Top