〈会員登録でお得なポイント〉 毎月 第1水曜日はポイント5倍! 毎週 水曜日はポイント2倍!

外海の聖者 ド・ロ神父

電子書籍対応 明治初期から大正にかけて、まだ貧困・飢餓・疾病に苦しんでいた長崎外海の人々を 農地改良、殖産、医療、福祉、建築などの活動で支え指導し、自立の道を開いたフランス人宣教師の、驚異の生涯。
型番 739
販売価格 990円(税込)
購入数


  • 谷真介 著 /矢車涼 装画

  • 195ページ /A6判 並製(ソフトカバー)

  • 女子パウロ会 発行

  • ISBN978-4-7896-0739-1 /Cコード:C0123

電子書籍対応書店:
ebookjapan kinoppy Kindleストア COCORO BOOKS セブンネットショッピング
dブック どこでも読書 ひかりTVブック ブックパス BookLive! honto ReaderStore
楽天Kobo yodobashi.com


明治初期から大正にかけて、
まだ貧困・飢餓・疾病に苦しんでいた長崎外海の人々を
農地改良、殖産、医療、福祉、建築などの活動で支え指導し、
自立の道を開いたフランス人宣教師の、驚異の生涯。

◎“Laudate”書籍の紹介:『外海の聖者 ド・ロ神父』

初版発行:2014年6月30日


もくじ


第一章 近代キリスト教の夜明け
豪雨の夜に
“かくれキリシタンの時代”をへて
サンタ・マリアのご像はどこ?
ド・ロ神父の生い立ちと父の教育

第二章 “旅”に出た信徒とド・ロ神父
流刑地での日々
神と人への愛のために
マキのこと、仙右衛門のこと
神学校改築とド・ロ版画

第三章 村づくり、村おこしはじまる
外海への赴任
出津教会の建設とド・ロ壁
マカロニ、パン、ソーメンづくり
ド・ロ神父と子どもたち

第四章 ド・ロ版“神の国”をめざして
ド・ロ診療所の開設
新しいキリシタン村を
外海地方のキリシタン伝承
神よ、みむねのままに・・・・・・

あとがき


著者紹介


谷 真介(たに しんすけ)
1935年東京に生まれる。
『台風の島に生きる―石垣島の先覚者 岩崎卓爾の生涯』で昭和51年度厚生省児童福祉文化奨励賞、
第3回ジュニア・ノンフィクション文学賞受賞。絵本「行事むかしむかし」で第15回巌谷小波文芸賞受賞。
ほかに『キリシタン伝説百話』『沖縄少年漂流記』など。
女子パウロ会からは、『二十六の十字架』『ローマへ行った少年使節』『江戸のキリシタン屋敷
キリシタン大名 高山右近』などがあり、絵本も多数。

カレンダー

2021年5月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2021年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
 定休日   臨時休業
発送・問い合わせ業務休業

リンク

  • 女子パウロ会公式サイト
  • 女子パウロ会公式フェイスブック
  • 女子パウロ会公式ツイッター
  • 女子パウロ会チャンネル
Top