12月25日(月)誠に勝手ながら臨時休業とさせていただきます。何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

キリスト教とは何か8 新しい霊性を求めて

キリスト教徒だけではなく、すべての人に通じる新しい霊性とは何か。それをどのように育てていけるか。日常の生活の中での神秘体験について語る。
型番 784
販売価格 1,296円(税込)
購入数



  • 粕谷甲一

  • 新書判 並製

  • 224ページ

  • ISBN978-4-7896-0784-1

  • Cコード:C0016

  • 女子パウロ会発行



粕谷甲一講話集第八巻。
キリスト教徒だけではなく、すべての人に通じる新しい霊性とは何か。その新しい霊性をどのように育てていけるか。神の存在が自明的でない人にも通じる方法で、神と出会い、それを深め、活気づけていく方法を紹介している。

初版発行:2017年5月4日

もくじ


第一章 花びらの声―新しい霊性を求めて I
 1. 若者が活気づく霊性を目指して
 2. 『霊操』の出発点の問題
 3. 神の存在が自明的でない人のために
 4. 神秘体験は誰でもできる
 5. 日本は若者たちの火消しつぼ

第二章 ダライ・ラマとキリスト教―新しい霊性を求めて II
 1. “グッド・ハート”の響き
 2. 心に湧き出る水源の交わり
 3. 諸宗教を結ぶ源流
 4. 沈黙の中にある賜物
 5. ダライ・ラマの聖書の読み方
 6. 魂の中に神が与えた聖霊の啓示
 7. 水流の源泉に立っている十字架

第三章 ピンチをチャンスに―新しい霊性と司祭職 I
 1. 「神父さん、ミサに行って楽しいの?」
 2. 弟子づくりの道
 3. 〇・一パーセントの可能性
 4. 日本の世相の中で……
 5. 教会の生みの苦しみを味わいつつ

第四章 聖フランシスコ・ザビエルとマザー・テレサ―長崎・五島の旅と司祭職 II
 1. 父親の怒りをかった二つの結婚
 2. 新しさに向かう教会の板ばさみ現象
 3. ザビエルの鳩胸とマザーの丸い背中
 4. 人間たるべし、しかし何か神的なものを持つべし
 5. 感銘を受けたド・ロ神父の発想
 6. すべては復活の秘儀から流れ出る

第五章 聖霊体験について―原因不明の慰め
 1. 神の貫く愛と罪の問題
 2. 日本海側のM市にあるG学園の変化
 3. ミッションスクールの使命を生き抜く
 4. 中三の少女の聖霊体験
 5. 雑踏の中で聖霊は語る
 6. 「原因不明の慰め」に支えられた人たち

第六章 混迷を照らす光―東西の出会いを求めて
 1. 日本の現状の病根に触れるために
 2. マイホームエゴイズムと権力エゴイズム
 3. 危機的な環境問題にニシダが光をあてる
 4. 内在から超越に行く道
 5. 心の中に働いているダイナミックな力
 6. 神の招きと悪への誘いと
 7. 世界教への脱皮を目指して

第七章 花と鳥と人と、そしてキリスト教と
 1. ベトナム・プロジェクトの始まり
 2. 歌を忘れたカナリヤが奏でたメロディー
 3. 若いときにおまえの原点を見いだせ
 4. マザー・テレサの二つの聖体拝領
 5. 詩人竹内てる代のたった一つのこと
 6. 小さきテレジアの愛の宣教
 7. さめた眼と温かい心をもって
 8. 繁栄のつけにどう対処するか

著者紹介


粕谷甲一(かすや こういち)
東京教区司祭。
1923年インド、コルカタ市に生まれる。
1944年受洗。
1950年東京カトリック神学院入学。
1951年インスブルックに留学。
1957年スイスにて叙階。
1959年帰国。アリの町教会で司牧。
1961年真生会館館長。カトリック学生連盟指導司祭。
1967〜1982年青年海外協力隊勤務。
1995年〜NPO法人「芝の会」理事長。
2011年2月帰天。
Top